ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ「最長片道切符の旅」
  あれなつかしや、宮脇俊三さんの『最長片道切符の旅』の復刻本が新潮社からでた。この元本は1979年に刊行され、宮脇さんの名を高らしめた。それが29年ぶりに復刻されたわけだから、鉄道フアンや宮脇教のひとたちは、随喜の涙をながしたのではあるまいか。ぼくはすぐ書店に走った。それで、ぼくの余生のテーマが定まって眠れなかったね。
 
宮脇さんは中公新書の創刊をてがけ、『中央公論』の編集長も務めた中央公論社華やかなりしころの名編集者だった。ぼくはなにかのパーティで言葉を交わしたことがあるが、あまり声量のない声でしゃべる、篤実そうな黒目がちの小柄なおっさんだったというおぼろげな記憶しかない。
 
「昨年6月、私は27年間勤めた会社を辞め、暇ができた。またとない機会なので、思う存分、好きな鉄道に乗ってみることにした。戦塵を洗い落としておきたい、という気持もあった。
 それがどんな旅行であったかは本書に記したとおりである」とあとがきにある。

 それは北海道から九州まで一筆書きの路線。連絡船航路も含めて13,319・4キロ、約200列車を乗り継いで3186駅を通過した。第1日目、昭和53=1978年10月13日に北海道・広尾を出発して第34日目の12月20日、終着の鹿児島・枕崎に到着。まだ青函連絡船で函館と青森がつながり、全線国鉄だった時代である。

 ぼくが鹿児島―東京間を各駅停車で乗り継いでいたのは「最長片道切符」より17、8年前にさかのぼるが、この間の日本および日本人の変容がとても気になる。ぼくは「最長片道切符の旅」をなぞって歩ければと思う。宮脇さんがたどったコースはおよそ30年間でずたずたに寸断され、乗り通すのは不可能だろう。廃線や無人駅だらけかもしれない。

 学生時代そうしたと同じように途中下車を繰り返し、駅周辺からバスの終点まで分け入って、30年前と現在とを比べてみたい。30年間の過程で日本人ははたして幸福になったのだろうか。ぼくは鈍行の旅をした一方、30代に網走までヒッチハイクで行ったことがある。新潟でトラックに同乗させてくれた運転手が田の草取りを目にして、「降りていって手伝いたくなるなあ」ともらしていたことが鮮やかによみがえる。

 ただ、ぼくは長期に行動できる時間がない。資金もほしい。ワーキング・プアはこういう制限のなかで生きていかねばならないんだね。半年たつと70歳。50歳を記念して車の免許を取得した。車を手放して資金の一部にあて、70歳記念として30年ぶりに日本を舐め尽くす最長ルポを実現したいのお。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/99-4f0bef55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。