ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれたときから死へ向かう。
 ペン森は先週から今週水曜日まで、新聞春採用むけの直前作文講座を実施している。1日3本指定時間内に書いてもらったものを即読んで、ABC評価をつけて返却する。それに追われて先週はこのブログもさぼってしまった。連続10日間、1日約60本見なければならないから、相当にしんどい。

 直前の講座というか特訓は毎年やっていることで、ぼくは慣れているつもりだが、どうしたことか今回はやたら疲れる。作文本数が多いわけでもないし、レベルが落ちて読解に難儀するわけでもない。要はぼくの体力と頭脳が低下した、ということだろう。
 
 そういえば、元気なころを知っていたひとの死が最近、胸にこたえる。これも心身の状態が弱っている証拠だろう。2軒隣のじいさんが亡くなった。95歳。ついこの間まで駅まで歩いていたんだけど、お迎えがきた。このひとのかみさんももう90歳にはなってると思うが、近所で評判のやきもちやきでね、つい2,3年前まで、他人のうちのかげに潜んで夫を監視したり、尾行したりしていた。

 あのじいさん、若いころ女あそびをして、ずいぶん女房を泣かせたのだろうか、と想像して、女のうらみはこわいなあ、としみじみ考えたものだ。しかしその道の専門家、渡辺淳一先生によると、女はさっぱりと根にもたない、男は未練たらたらしつこいというから、あまりあてにならない。『カミさんと私』を書いた土岐雄三は若いときのうらみがこもったかみさんに年老いてから徹底的にいじめられる。

 まあ、ぼくは品行方正清廉潔白を通してきたから、若いとき、すこし道をはずしておけばよかったかな、といまは振り返る。道ははずさなかったけど、度をはずした行動はけっこうした。だいたいが、品行方正なくせに、型にはまった生き方ができないんだな。

 悪役にはまりきれなかった俳優、リチャード・ウィドマークも亡くなった。93歳。口の端をちょっとゆがめて非情な笑みを浮かべ、しゃがれ声で西部劇、サスペンス、戦争もので活躍したぼくのすきな俳優。悪役ばかりじゃ、娘が学校でいじめられると心配して善人にも扮するようになる。ウィドマークよりもっと悪人づらをとハリウッドが登用したのが、ジャック・パランス。骸骨が顔の表皮をつけたような風貌でこれは笑う子も泣きだしそうな顔つきだった。

 かれはスタンフォード大出のパイロットだったが、戦災で整形手術をしてその顔になった。『攻撃』という戦争映画では卑怯な上官に対する復讐の鬼と化すが、正義の下士官を演じたその演技力が評判になって、いきなりアカデミー助演賞にノミネートされた。ぼくの好きな、この性格俳優も一昨年11月、87歳でなくなった。かれも、ウィドマークも、近所のじいさんもとても死にそうには見えなかったけど、ひとはみな生まれたときから死へ向かっているんだね。合掌。
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/94-1a47d321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。