ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩節をけがした?慎太郎知事
宮崎・東国原、大阪・橋下となにかと話題の絶えない知事だが、メディアのネタとしては東京・石原は極上の部類にはいる。なにしろ嫌われているからね。新東京銀行の400億円追加融資問題によって都議会でやいのやいの言われるのがニュースになるというのは、ワンマン横柄大ボス慎太郎知事がいじめにあっているようで、痛快でたまらん、というのがメディアの本音。

 もちろんメディアは都議会の尻馬にのって、へっぴり腰ながら追撃のかまえだが、ぼくは真剣真面目にアタマにきている。400億円は税金だぜ。新東京銀行の志はペン森と同じくなかなかよかった。経営大不振という点もそっくりだが、規模がちがう。ぼくは所得税の確定申告の手続きを終えたばかりだが、年金が収入の大半を占め、これから地方税の納税通知が追いかけてくる。増税感はすごいよ。

 400億円の追加がなんの足しになるのだろう、とおおかたのひとは思っている。戦争でいえば兵力をすこしずつ追加投入というパターンでこれははっきり、劣悪な指揮官がとる負け戦の戦法。多くの場合、指揮官は自己保身によって犠牲者という父も母もきょうだいもいる部下の兵隊を殺すことになる。仮に400億円の追加が都議会を通ったとしても、新東京銀行の蘇生は無理だろう、と世間は思っている。たしか、2、3日前の朝日の社説もそうだった。

 そもそも、この銀行は慎太郎知事の鶴の一声でできたようなものでしょ。みんなそう思っている。なのに責任を感じるような発言はしない。質問した民主党議員にあなたの総大将は・・・などとガキのわめきみたいな反撃をして失笑冷笑をあびても、ここは鈍感。かれはぼくが4分類でいう「掛け算」タイプでね、掛け算発想の先に新東京銀行があったんだろう。

 育ちのいいお山の大将的掛け算人間は、わがままでね、攻撃の的にされると、ひねたりだだをこねたり、始末に困る。慎太郎知事は結局は、責任逃れで男を下げた。もはや晩節をけがした、といってもいいかもしれん。若くして華々しく登場したのに、老醜無惨になる予感。りっぱそうな訓戒をたれてきたから老いてからはなおのこと、モハン的な人間にならねば、と同じくじじのぼくは考えるが、かれは老いたという感覚もなさそうだし、こりゃ手に負えない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/92-6ce37c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。