ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦和義が手にした賠償金
テレビも新聞も中国毒入りギョーザからイージス艦一色だったところにロス疑惑事件の再来というメガトン級のニュースがアメリカから飛び込んできた。この事件は27年前、週刊文春が「疑惑の銃弾」事件として報じて大騒ぎとなった。格好のワイドショー・週刊誌ネタだったから、その騒ぎぶりが想像できるだろう。

 妻の三浦一美さんが頭に銃弾を受けたとき、三浦和義という夫はいっしょにいて自身も左足に重傷を負った。ベッドで「一美は・・・」「一美は・・・」と嗚咽する姿から愛妻家としてのイメージが定着していた。それが一転して保険金目当ての妻殺しの真犯人とされた。

 ぼくもその事件の記憶がうすれかけているが通勤途中、いまはスポーツ紙の編集幹部になっている某くんに何年ぶりかで出会って、「なにしてんの?」ときいたら、「毎日毎日ロス疑惑取材ですよ」と答えた。そのことを憶えているから、彼との連想でまだおぼろげながら記憶にあるのである。

 日本で逮捕された三浦元被告は結局、最高裁で無罪となるが、獄中にあるあいだ数多くの目メディアを次々に名誉毀損で訴える。ほぼすべて勝訴したかれは、賠償金を手にいれる。「あまりいいたくないのですが、合計すれば」とぼくも参加している会合で金額をいった。たしか6億円台だったように思うが定かじゃない。なにしろ半端な訴訟ではなかったので、メディア1件あたりの金額はたいしたことはなくても、合計すればすごいことになる。と、妙に納得したものである。その直後、かれはコンビニでちんけな万引きをして捕まった。
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/86-b73e3443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。