ペン森通信
巨乳の巨が消えた朝日
木曜日は新聞を見るのが楽しい。『週刊文春』と『週刊新潮』の広告が掲載されているからだ。きょうから朝日、読売、日経の読み比べウェブサイト「あらたにす」がはじまったが、この3紙を読み比べるよりも、ぼくは出版社が発行する日本の代表的週刊2誌の広告コピーを読み比べるほうが断然、興奮する。

 まずコピーづくりの才能からして、新聞より文春、新潮がはるかに上回っている。新聞3紙の「あらたにす」なんて命名は、なんとも痛ましいくらいのセンスだ。週刊誌の記事コピーに頭をひねっている練達の編集長は「なんだこりゃ、俳句か短歌の5文字をどこからかパクったんじゃないの。古くさすぎる」と一笑に付すのではあるまいか。ぼくなんか、年寄りの感覚が新聞の魅力を減少させていることをあらたにす、だね。

 きょうの『週刊新潮』の朝日掲載コピーにこんなのがあった。[「米少女は8歳で 乳」の驚愕レポート]。乳の前の1字が消えている。この伏せ字を埋めなさいという国語の問題がでたら、正答率は高いだろうね。「巨乳」の「巨」。朝日の広告掲載基準では「巨乳」という「下品な言葉」はこの上品な新聞にはふさわしくない、ということだろう。ぼくが併読している毎日は「巨乳」のまま載せていた。

 朝日はNHK山形放送局の巨乳女性アナウンサーが評判になって、全国区の著名アナになったときも同様のコピー狩りをやった。山形はスイカの産地だから「スイカップ」と呼ばれた契約アナウンサーが東京民放局に進出したことを憶えているかたもまだ多かろう。朝日は「スイカップ」という表現が許せず、週刊誌広告コピーをたしか「スイ」だけ削除した。で、「スイカっプ・アナ」が「  カップ・アナ」に変質した。

 とくに朝日は世間の常識に照らして体質をあらたにす、べし。じゃなかろうかと下品なぼくはあらたに思うのである。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/82-4450c46b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する