ペン森通信
大川小の児童は救えたはず
5年半前の大震災被災地には2回行ったが、その2回とも児童・教職員84人が死亡、行方不明となった石巻市の大川小学校を訪ねた。校舎入口わきに献花台が置かれ、無数の花がた向けられていた。無人の校舎内は津波で荒々しく洗われ、校庭のすぐ裏に山がせり出していた。山はこう配がきついが、児童たちがシイタケを栽培して学習に使っていた。この山に登っていれば児童70人の死亡と行方不明4人の大半は助かったはずだ。

児童23人の遺族が仙台地裁に県と市を相手取って23億円の損害賠償を求めていた。仙台地裁は26日県と市に14億2658万円の支払いを命じ、大川小訴訟は遺族側が勝訴した。しかし、遺族にとってはこれで一件落着とはいかないだろう。亡くなったり、行方不明の児童はもどってくるわけではないのだから。児童たちは校庭に集合して50分も座って待たされたあげく、7メートルの高台に引率されて避難する途中津波に呑まれた。

裁判で問われたのは、教職員が市の広報車の巡回によって大津波の襲来を認識していたのに、適切な避難措置をとなかったことだ。現に裏山避難を訴え実行した教員は唯一助かっている。臨機応変の態度がとれなかった先生たちであった。先生の言うことを守ったばかりに児童たちは命をなくした。児童たちをじっと校庭に待たしている間校舎にいる先生たちは50分間裏山に上って避難すべきかどうか意見を言い合っていたのだろうか。

決断できない罪ということをぼくは思った。ぼくは現場に行って裏山に逃げればよかったものをと考えたが、それはしろうとの後付けかもしれない。それでも校庭に立つと選択肢はやはり裏山しかない。まして、市の広報車の運転手は津波襲来を目撃して、大川小周辺に引き返して危険を呼びかけたのだ。先生たちは津波が来る予見はあっても危険性を察知できなかったのである。大川小は市の避難場所に指定されていたから、余計そうだ。

石巻市で「ここまでは津波はくるめえ」とおじさん2人がゆっくりとたばこをくゆらしていたところを津波にさらわれた、という話も直接聞いた。津波に対する切迫感はあまりなかったのだろう。ペン森でもヘルメットと縄はしごを買って備えているが、大掃除のさい邪魔扱いされてどこかに埋もれている。ペン森はビルの2階だから大げさな避難用具は必要ないかもしれないが、上階の重さで出入口のドアが開けられなくなる心配がある。

大川小関係は新聞の大川小裁判報道に依拠しているが、このようなニュース記事にでも涙が出るようになった。小泉元首相も涙もろくなったが、歳をとるとどうして涙腺がゆるむのだろうか。小泉は原発ゼロに熱心だが、最近では東北大震災で米軍がトモダチ作戦で支援した支援米兵たちが放射能が原因とみられる鼻血・下血・甲状腺がんなどの健康被害に遭っていることを訴え支援基金を発足させた。小泉の生き方にぼくは全面的に賛同したい。

 当然ながらぼくは大川小の献花台前でも涙があふれた。裏山に逃げれば助かったものを、という感情に支配されみすみすこれからの人生を失った、と思うといたたまれなかった。小学生は先生の言うことが絶対だ。臨機応変に素早い決断をしなかった先生たちの罪は一生かかっても償えない。







スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/813-0d0d362d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する