ペン森通信
都知事選、ぼくは面白そうな個性に入れる
都知事選は小池百合子の優位は変わらないが増田が猛追しているらしい。鳥越はどうやら脱落気味。4つのがん手術をへた老齢と演説下手と政策のなさがじわじわと響いてきたようだ。永六輔、大橋巨泉と昭和を飾ったラジオ・テレビ人間が他界したのも鳥越と連想した部分があったのかもしれない。ぼくも昭和人間だが、現在の21期生は大半が平成生まれである。今週から女子大生モデルが週刊朝日の表紙になった.平成女子はかわゆい。

20,21期生は21,22歳であるからぼくの孫娘と変わらない。こんな若い連中を相手にしているから、ぼくも若いと言われることがある。それでもやはり寄る年波には勝てない。最近は最寄り駅から公園のゆるい坂道を登るのは脚の悪いぼくには酷で、ついタクシーを利用することが多い。730円だが10回乗ると7300円だから念願のうなぎも悠々と2回食える。ペン森生は添削を受け昭和老人の介護実習もできるから幸せだよ。

タクシーを利用して改めて感じたが、運転手によっては話しかけたいタイプと一切ものをしゃべらないタイプとがある。しゃべらないタイプは向こうから壁をつくって付け入るすきがない。こっちも行き先を告げるだけで黙して話す気がしない。運転手も採用面接があるだろうが、客商売によく受かったものだと思う。入社面接でもこれは同じで、話しかけたくなるタイプが断然有利である。記者は話す商売ではなく聞く商売だからだ。

都知事選の話題は相模原の知的障害者施設19人殺しで吹き飛んだかと思ったが、昨日発売の週刊文春と週刊新潮は、あたかもタッグを組んだかのように鳥越の女性問題を取り上げた。新潮は先週の文春の続報的な扱いで《「週刊文春」淫行疑惑が封印を解いた「週刊新潮」13年前の「被害女性」証言記録》と言う見出しを打って鳥越の批判記事を書き追い打ちをかけている。先週の文春記事は、現在被害女性の夫になっている男性の話が内容。

淫行と言うのは鳥越が山荘に連れ出して被害女性を全裸にして迫ったとき未成年だったかららしい。どうしても話したくないと言うので夫が代わりに文春に話したわけだが、未遂に終わったとはいえ事実無根で文春を刑事告訴した鳥越の歩は悪い。鳥越は新潮も告訴した。いまごろになってほぞをかんでいるのは民進党だろう。鳥越に統一するために宇都宮健児を引っ込めたのはまずかった、と。宇都宮は前回の都知事選で100万票近くをとった。

だから終盤になって都知事選にはだれに入れるか困る。主要3人以外からよさそうな候補を探さねば。「公約はただ一つ、NHKをぶっ壊す、でございます」の元NHK職員立花孝志も反抗的でいい。ただ都知事がNHKをぶっ壊すことができるのか、というおおいなる疑問はある。知事には主要3人のうちの1人、たぶん小池百合子がなるのだろう。ぼくは独自の投票行動をしたい。一番おもしろそうな3人以外の個性に1票を投じたい。

候補者はそれぞれ供託金300万円を納めて名乗りをあげているが、世の中にはもの好きがいるもんだと思う。みんな当選するかもと期待しているのだろうか。主要3人は各自そう思っているだろう。投票率は50%くらいか、と思っている。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/801-bfb7c346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する