ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離脱してしまったと思っても遅い
EU残留か離脱かの結果についてはあまり深く考えもせず、漠然と残留組が多数を占めるだろうと思っていた。結果はご存じのとおり、離脱組が過半数を占めた。これにはイギリス人も内心驚愕しただろう。アベノミクスもびっくりだ。円安と株高で景気を浮上させようとする目論見は円高、株安と真逆の痛撃を浴び、参院選にひびかないだろうかと安倍自民党は固唾を飲んで見守っているだろう。どうも世界は右旋回をはじめたようだ。

ぼくはイギリスへは1回だけ行った。たしか1977年である。ずいぶん昔だが、社会部記者として「日本人って何だ」という連載企画でヨーロッパ編を担当したときだった。ロンドンの街かどでドイツのボン特派員とばったり出会った。先進国首脳会議がロンドンで開かれていて、かれも取材にきていたのである。ぼくは首脳会議の記者席をちょっとのぞいて宿探しにまた街へ出た。そのころは英語ができたので公衆電話を探し予約した。

宿は寝室は個室であったが、バス室はシャワーのみでしかも共同使用。安っぽい若者宿みたいな雰囲気で、宿泊者も若者ばかりだった。ぼく好みの宿ではあった。連載企画は「思い通りに行かない日はあした頑張ろう」の連続で毎日あしたの予定をきょう決めて取材するというその日暮らし。日本人が主人公だから楽と言えば楽な連載と言えた。日本人がたむろする大衆酒場に網を張って話題を拾い話題の主を訪問したりして書いた。

その連載は単行本になり文庫本にもなったがいまは絶版。1977年の首脳会議はヨーロッパ共同体を「EC」と称していた。ヨーロッパ大陸の中でもフランスとドイツは戦争を起こしていさかい仲が悪かった。このため互いに仲良くいっしょに行こうと言うことで共同体を形成した。フランス人はドイツ人に痛めつけられたせいか笑わない民族といわれる。ECからEUにと規模が拡大して理想に近づき笑う民族になったかどうかは知らない。

 イギリスが残留しようが離脱しようが、ぼくはヨーロッパの時代は過ぎ去ったのではないかと思っている。離脱の背景には大英帝国への郷愁があるのかも、と考えたりする。ぼくがヨーロッパを取材した当時、東芝、シャープ、ソニー、松下の看板やネオンだらけだったのだ。その日本でさえ下り坂を下っている。司馬遼太郎はいかに上手に下り坂を下るかだ、と日本の未来を案じた。ぼくは高度経済成長時代に育ったから上り坂しか知らない。

 だからイギリス離脱組に通じるバブルよもう一度の日本人である。27日の毎日夕刊一面トップは「EU離脱 英国の後悔」という見出しの記事である。案の定、とぼくはイギリス国民に同情しないが、書いたのは人生の上り坂にいるペン森6期生の三木幸治だ。かれは遊軍的な動きが求められるオーストリア特派員だが、ロンドンまで飛んだらしい。ご苦労さま。オーストリアはかの独裁者ヒトラーの出生地だ。英米で独裁がはじまるか。

 だれしも連想したと思うが、アメリカの大統領はトランプになるのでは、ということだ。右翼政党やとんでもない排除の論理の人物がリーダーになる流れになってきた。もしトランプがアメリカの盟主になったら日本に相応の負担をと迫る。日本は核武装するかも、とぼくは恐れる。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/796-b0b6489f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。