ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清楚系女子がいちばん好きです
 好き嫌いは激しいほうかもしれない、という気がする。もちろんそれにも程度があり、あんまり好きではないからまったく好きではない嫌いだ、まで二通りに分類できる。あんまり好きではないのはアンケート、パーティ、おばさんのおしゃべり、老女のヌード。まったく好きではなく嫌いのほうは、フ―ゾク、カラオケ、床屋、すぐ泣く女子、ペン森女子のミニスカートから見えるパンツ、目の前に立つ股際ギリギリの短パンを履いた女子。

 本日はペン森に来る途中、何気なく九段で下車した。都営地下鉄も他の地下鉄といっしょでエレベーターがすくない。運動だと思って階段をのぼり神保町まで歩こうと考えた。駅構内でトイレに入って出たまではよかった。ベビーカーを押している若いママさんはたいへん苦労するだろうなあ、と考えて歩いていたら迷ってしまったのである。そう言えば前の都知事猪瀬が九段駅は都営地下鉄と半蔵門線が直結してないと文句をつけていた。

ぼくはよく利用した駅だから、とたかをくくっていたがやたらややこしくなっていて昔の九段下ではなくなっていた。九段下はぼくの電車の沿線駅だ。夜はときどき武道館のイベント帰りの10代と思しき女子の群れが乗り込んでくる。この中に股際ぎりぎりの短パンがいる。こいつが目の前に立つと目のやり場に困ることはなく、しみじみ眺めるが、ときどき短パンの裾が少し開いている子がいる。隙間から指を入れて撫でてみたくなる。

当然、実行すると犯罪になる。性的な実力は皆無だが、関心はある。関心があるから女子が好きである。それも10代から20代前半までと限定された女子である。その中でも好き嫌いが生じてきた77歳だ。とりわけ好きな子はおとなしいけれど行動的で、自分の意見ははっきり述べる現代っ子だ。帰り際にサンダルから靴に履き替えようとしたら、かしずいて自分の指を靴べら代わりにして靴をはかしてくれた21期女子がいる。

この子はおとなしいところが孫娘に似ている。加えて滅多にいない生まれ故郷宮崎の女子である。同じ故郷という点に特別に感情が動くのはたぶん高齢のせいだろう。宮崎からペン森に通っているのは東京の就活シェアハウスに居住しているからだ。地方の大学に通いながら就活期間だけ東京に住むという形態は今年から顕著になってきた。山口県下関、島根などの大学生も21期生にいる。4年間の仕送りよりもこっちが安くつくし安全だ。

おおむね男子は女子が好きである。総じて女子が男子好きであるかどうかはぼくは女子でないのでわからない。だが、この年齢のせいでパーティ嫌いである。先日老いた社会部員の会に参加した。隣に座っているひとがだれだか全然記憶にない。だれかが○○さんと名前を読んだのでハッとした。親しかった人であった。こことここが病気になったと頭と心臓を指差した。顔が変貌していたのだ。変わったとはいっても憶えていないとは!!

パーティは自分の高齢ぶりが如実に表れるので嫌だ。カラオケも最近の歌をまるで知らないので行かない。パチンコをやるほど暇ではないので興味がない。フ―ゾクも清楚系はいそうもない。そもそもぼくは清楚系がいちばん好みに合う。




 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/794-c118d266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。