ペン森通信
酒好きで乱れる女の子がいい。
世間は本日からGWがはじまったというが、ぼくは来週月曜日の5月2日から7日まで休みはない。土日の休んでいる間、なにをするかというと、いつもなにもしない。ただ寝転んでテレビを見るだけである。日中おもしろいドキュメンタリーでも放映してくれればいいが、午後2時半からフジテレビでやってくれるだけだ。今回は熊本でボランティアをやりたいが、高齢の上左脚が不自由ときているので受け入れてはくれないだろう。

昔は車をもっていたし、運転も好きだったので、コンビニでおむすび2個とお茶を買ってかならずどこかへ出かけていた。奥多摩方面が多かった。軽井沢を抜けて草津温泉へもよく行った。草津に前に勤めていた出版社の保養所があり、OBとして利用させてもらったのだ。長期休暇でペン森生を同行したのは伊豆の貸し別荘と新潟から日本海沿いに男鹿半島へのコース。男鹿半島を下った広大な八郎潟の中心部は何回も訪れいまでも案内できる。

47都道府県行ってないところはないが、もちろん記者時代仕事であった。だから観光目的は得意ではない。事件、事故、企画ものの取材だから観光とは無縁だ。温i泉を楽しむようになったのはペン森をはじめてからである。50歳記念にゴルフもやりだして熱中した。すべて晩稲(おくて)。ゴルフは60歳くらいでやめ、車は70歳の直前に手放した。免許の更新もしていない。運転は上手だと思うが、高齢運転は絶対にしない。

更新といえばTSUTAYAのメンバーカードもほっておいたら1月で期限切れとなった。きのうはJRの200キロ以上が3割引きで乗れる高齢者用のジパング倶楽部の更新手続き書類が届いていた。去年の割引手帳はまっさらである。1回も利用してない。なるほど年を重ねるにつれ、行動範囲が狭まりどんどん引きこもり状態になっていくのだなあ、と自覚する。これでペン森を辞めたらあっという間にあの世に直行だ。

高1から毎年2泊3日の旅をしていた孫娘もいまや就職して銀行員である。ペン森の男女が帰宅時、神保町駅の改札まで送ってくれる。女の子の場合、手をつないで歩き改札への階段では左腕を組んだり、手で支えたりしてくれる。杖は女の子が持ってくれることが多くなった。それでいて右手では手すりをつかまえているから見る目もすっかり介護老人である。ぼくが若さや生命を保っているとすれば、若葉の季節にあるペン森生のおかげだ。

ジパング倶楽部は更新手続きをしなければと思う。同行してくれる若者もいないし、独り旅になる。足の不自由なさびしい独り旅である。スマホはもってないし、もっていても使いこなせないだろうし、時刻表は荷物にしては重いしから列車に乗り遅れないようにしなければ。遅れそうになっても走れない体なので駅の待合室で長ければ1,2時間待つのは仕方ない。年をとるとかくも世間が狭くなるのがやりきれない。

ではどこへ行くか。できれば女の子の同行が望ましい。以前は旅のクーポン3万円分をくれて娘をよろしくと頼んできた父親もいたのだ。わがままを言えば、酒の強い子がいいね。旅先で酔って乱れてくれたらなおグ―だよ。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/783-e6c28b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する