ペン森通信
新野党、民進党はES落ちだね
民主党と維新の党が合流して、新しく民進党という衆参156人の野党勢力が生まれたが、期待するひとはほとんどいないだろう。ぼくは親しい議員が衆参に1人ずついるものの、ぼくも期待しない。なにをやりたいのか「反安保」以外の政策がわからないからだ。事実、共同通信が26,27日に実施した全国電話世論調査の結果も「期待しない」67・8%、「期待する」は26・1%。ぼくは「期待する」という数字が高いのに驚いた。

 維新の党が合流したとはいえ、中身は民主党である。代表・岡田、幹事長・枝野と変わり映えのしない執行部はそのままだ。維新の党の議員たちの半分は2012年に別れた民主党にもどっただけの話だ。離婚してまた同じ人間と再婚したようなものだ。その点では話題性もあるが、なにせ懐かしくなって再婚したのではなく、わびしい貧乏から脱け出したくてふたたびいっしょになった。いっしょになれば生活はいくらか楽だろうよ。

 ぼくは健全なる巨大野党ができて、アメリカの民主党と共和党のように政権交代ができればいいと思っている。トランプのような人物が出てきては困るが。民主党が政権交代した2009年には14期生と衆院選のテレビの選挙速報をみるため伊豆まで行った。日本の夜明けかと希望に満ちた夜だった。でも、鳩山、菅と続いた政権はひどかった。管のときに3・11があったが、こんな時にこんな日本のリ―ダーよと身が震えた。

 民主党のこの失敗体験は貴重な財産だと思うが、失敗を総括した気配はない。学生が就職に際して企業に提出するESだったら、完全に書類落ちの党である。失敗、挫折の自覚はあるにしてもそれをどう乗り越え、現在に生かしているかが書けないからだ。これではまるで説得力がない。失敗を振り返ると、あのときああしておけばと言ったのに、○○が反対したために頓挫した、などと責任のなすり合いでまたまた分裂するかもしれない。

 民主党は結党20年で党名も消滅したがその歴史は、分裂の歴史でもあった。政策を発表できないのは論議の過程でもめて分裂の火種を生じさせかねないと言われるからだと聞いた。かつては構造改革や公共事業削減を唱え、八ッ場ダム工事中止も唱えていたが、工事は再開されている。安倍自民党1強に対抗するには魅力不足は否めない。だが、7月の参院選では消極的に民進党に投票するつもりだ。安倍が不気味だから選択できないのだ。

 民進党と言う党名を岡田は代表のくせに「しんしんとう」と言ったということだが、なにやら先が思いやられる。岡田原理主義者、露骨に小沢嫌いの枝野などはだれかと交代すればいいとみんな考えているが、だれかがいない人材難でもある党だ。ひとはその任に就けばそれなりに変身して能力を発揮すると言われるが、鳩山、菅は任に就いて党も国民もこりた。だれがリーダーになってもその任にあらずだから、思い切って女性でどうだ。

 本日は憲法違反が指摘される安保法施行の日である民進党は安保法反対だけが目下の政策のようで、国民に強く訴えるほかの政策は見当たらない。これで参院選を戦えというのは無理な話で自ら負け戦だと降伏しているようなものだ。せめてやりたいことを示してくれよ。筆記落ちは面接にも進めないのだよ。

 

 

 

 

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/777-e0c495fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する