ペン森通信
気のきく感じのいい男女が先に内定する
昨夜もタクシーで帰宅した。と言っても下車駅のひとつ手前の駅で下りて客待ちのタクシーを利用するだけである。夜の10時をすぎると2割増しになり料金は1270円。月に3,4回は利用する。たいてい酔っているから下車駅から歩いて帰るのがつらい。途中にこれまで転倒した場所が3か所あって、また転ぶのではと不安になる。最近は杖なしで歩くこともあるが、よれよれとゆっくりなので悪い奴に襲われたらイチコロだと思う。

しかし金目のものは皆無だから襲っても無駄だ。このじいさんはな―にももってないや、いっそ刺しちゃえ、という悪い奴が腹いせに出る展開にならないとも限らない。駅からすぐ公園の外周になるが、それほど明るくも暗くもない。人通りもほとんど途切れない。若い女性もコツコツと靴の音を響かせてよく通る。だが杖をもった足の不自由そうなじいさんはぼく以外にいない。襲われるなら一番体力のなさそうなぼくと決まっている。

タクシーに乗ると、自宅に通じる路地の曲がり角は飲みものの自動販売機の明りが目印になるが、昨夜は自販機という言葉がどうしても出てこなかった。コンビニとかスーパーとか関係ない言葉を発する始末で運転手も困っていた。アルコールがはいると一瞬認知症に陥るのは若い時分からだったが、最近はとみにひどくなった。よく忘れる苦手な言葉があるようで、ぼくがよく名前を忘れるペン森20期生も何人かいる。

火曜日と木曜日はぼくが料理もするが、朝一応買い出しのメモを書くが、喉に出かかって、口から出てこないのがマイタケとナメコだ。いまもケータイの裏のメモ書きがなけりゃ出てこないまま何分かの時間の経過を待たねばならなかった。ケータイの裏に取り扱い説明の貼り紙がある。それに書いているのである。ところがこの2,3日ケータイをペン森に置いたままで持ち帰っていなかった。だからきのうはメニュー変更となった。

この季節はサンマがおいしい。おととい火曜日NHKの「ためしてがってん」でみりんをさんまになでなですれば脂が抜けず半分の時間で焦げ目がついて、よりおいしくなると言っていたのでそのまねをしてみた。おいしかったかどうかはわからない。人数が予定以上だった関係で自分の分までは回らなかったからだ。この人数が読めないのに毎日苦労するのはペン森の自由さによる。週2回好き勝手にきて作文を書いて飲食すればいいのだ。

料理をすればごみが出る。21期生に料理を手伝う男子が現れた。ごみ出しは20期生男子もよくやってくれたが、21期生も頼りになりそうだ。昨夜はさっそく21期女子が改札まで
手をつないで介護誘導してくれた。洗い物による女子の品評を20期男子はやっているが、たしかに自分の食器だけでなく他人の分まで洗うのは男子のほうが目立つ。テーブルから離れず、ばか話に興じている女子もいるのだ。後始末に関して20期女子はいずれ泣くろう。

 もちろんよく気のきく20期女子もいる。気のきかない女子がそのためかえって目立つことになるのだが、うちで手伝いはしてないのだろうか。その将来の人生を考えると憂慮せざるをえない。気のきく感じのいい男女は内定が約束されたも同然であることを肝に銘じよう。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/728-f078d937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する