ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗だった今年の就活日程変更
ペン森に過疎状態がはじまった。20期生がそれぞれ就職先が決まり来なくなったからだ。
代わりの21期生は本日から来週にかけて3人が体験受講の申し込みをしているが、満杯状態になるのは年内は無理だろう。20期生はごく一部を除いて常連のほとんどがマスコミに内定した。新聞・出版ともに行く末はかぼそいものだと心配だが。マスコミ人気はまだまだ根強い。今年は経団連などの掛け声で企業の選考は8月にずれたが悪評ふんぷんだった。

 本日の朝日は「就活革命誰が得した?」と題して社会面トップで報じた。「国・経済界、影響検証へ」という。「学生『元に戻して』・割れた企業、フライング内定も」と内容をかいつまんで説明している。要するに今年から始めた就活の日程変更は学生の就活が長期化しただけでなく、水面下で内定を出すフライング企業が目立ち、正直者がばかを見た。ぼくの知る限り社会的責任を標榜する大マスコミの抜け駆けは日経である。

 テレビ局もフライング気味であった。中小企業のなかには選考日程が後ろにずれたことをこれ幸いと、選考を早めた中小企業や外資があった。学生側も採用側も混乱して、その混乱はまだつづいている。早く内定を出して学生を確保したつもりだったのに、新ルールどおり8月から採用活動をスタートさせた正直企業に内定者が逃げたのだ。オワハラなんて言葉もそのせいでできた。ぼくは日経の二次募集のESをきのうもきょうも点検した。

では来年はどうなるか。選考を元に戻すことはないだろう。音頭をとった国や経団連のメンツがある。学生の利益よりも自分たちの立場が大事なのだ。ただ8月の採用解禁が6月に調整される可能性はある。繰り下げは大学側の要望だったらしいが、就職を控えた学生の焦りを読み切っていなかった。その焦りに付け込んだのがフライング企業だ。ペン森生はあのマスコミの記者は優しい、みんないいひとと評するが入社して泣くなよ。

 というわけで来年はどうなるかわからない。学生は早い段階から準備するに越したことはない。第一志望の内定者は総じて内面の深さをもっている。これまで生きてきた22,3年の間になにを見て、なにを聞いて、なにを感じたかということの集積が問われる。つまり、これまでの生き方が大いに作用するのである。生き方は作文にも如実に表れる。作文は本人独自の資質の問題だから、時事問題のように数人で共有することは不可能である。

 マスコミ各社が作文の制限字数を1000字にしていたペン森初期のころ、構文は物語風の起承転結を採用していたが、最近は600字なので現在→過去→未来も導入している。現在とはいまの状態、考え、意見をまず示して次に展開する過去でなぜ現在に至ったかを具体的なエピソードでもって証明する。そしていままでに書いてきた現在と過去を踏まえてこうしたいという希望の意思や期待を表現して締めくくる。内容はもちろん主観で結構。

 とはいえ、以上は頭で考えるのではなく、現場を踏むことが大切だ。国会前の若者のデモを見ての若者と政治の私見を述べる、水害地などへ実際に出向いて異常気象について思う・・・。机上論はどうしても底が浅くなる。そこの深い作文を着想よく展開すれば採用試験の日程はどうあれ内定は約束される。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/725-beca568c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。