ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9連休のすごし方に悩む夢追い人
9月の第2週(7~12日)は夏休みをとることになった。7~12日の前後土日を入れると計9日間の連続休となる。そのころになると20期生の就活もほぼ決着しているだろう。今夏は暑かったので、夏バテこそしなかったものの、就活があまりにも長期でいささか疲れた。なにもしないで気をもむだけのぼくがそうだったから就活生はもっと大変だったにちがいない。いまのところ大手マスコミに内定したのは12人である。

 9日間の休みをどうすごすつもりかと家人が問うたが、土日に家にいるだけでうんざりしているのに、9日間も家にいられたらきわめて迷惑、と言外に言っている。土日はたいてい自室でごろごろしてテレビを見たりまどろんだりしている。要するに寝たきりの予行演習をしているようなものだ。外へはほとんど出ない。杖をつきつき歩くのが面倒なのである。家のあたりは昔、多摩丘陵と言っていた。丘陵を崩して宅地にしたので坂が多い。

勾配が緩いぶん杖つき老人には助かるものの、勾配より平地のほうがいいに決まっている。直言はしないが、9日間も家にじっとしては困るというのが、家人の意向のようだから、2,3日の旅くらいはしてもいい。幸か不幸か、孫娘がぼくと旅行をしたいと申し入れてきた。孫も終活生で内定祝いの旅になる。さてどこへ行こうかと考えると、同行してないのは北海道と九州だけと気づいた。ぼくは汽車派だからどこへ行くにも列車である。

列車で地方へ行くと困るのが階段だ。エレベーターは神保町駅でも1基しかなく、このあいだ赤ん坊を見せに来た9期女子が「エレベーターがなかなか見つからないの」と嘆いていた。地方の駅にはエレベーターのない場合もあるし、おまけに階段も長い。これが足の悪いぼくには打撃だ。ペン森のように帰宅時、駅改札までだれかしら付き添ってくれるなら安心だが、ぼくの旅は、基本は単独だ。マイペースな人間だからである。

旅には費用が必要である。ぼくは貧乏だ。旅費の捻出が悩ましい。孫娘が同行する場合、その母親たるぼくの長女が援助してくれるからいい。でも北海道か九州へ列車を利用するとなると、3泊4日にしても2日間は往復に費やすことになる。足がそんなに悪化してないおととしは九州の旅を楽しんだが、いまは無理だろう。孫娘にぼくの育った故郷を見せたいが、実現は相当むずかしい。人生の締め切りが切迫すると可能性がほんとに狭まる。

で、9日間の連休をどうすごすかだ。こんな大型の休みなんてもらったことがないから弱る。76歳にして現役を続けているから悩むのだ。普通ならもうとっくに現役を引退して自宅に逼塞している年まわりである。生涯現役のつもりはないが、実際はそれに相当するような高齢になった。このような老人に作文を見てもらう学生が気の毒だ。ぼくは4つの私大で講座をもっていたが70歳でお役御免となった。車の運転も70歳でやめた。

70歳は人生のひとつの区切りである。4コーナーを回ってゴールへ向かって杖をつきつき歩いているのがいまのぼくだが、溌剌とした学生時代もあったのだ。映画記者になろうと真剣に思ったが、かなわぬ夢だった。可能性は狭まったが、まだひとにいえない夢を見ている。「夢追い人」のくせは年齢とは関係ないね。







スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/719-ef03fd1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。