ペン森通信
危険な安倍内閣を倒そう
未来のことについて「絶対ない」と安倍は断定する。その未来は相手あってのことであるから、こんな安定しない推測を断定したら作文ではペケだ。しかも安倍はオリンピック・パラリンピック招致プレゼンで福島原発は「アンダーコントロール」と公言した。原発は汚染水が海に流れているし、とても収束したといえる状態ではない。2020年の東京オリンピック・パラリンピックはその時点からミソがついて、今度はデザイン問題である。

世の中に絶対はない。ということを安倍は教わらなかったのだろうか。ましてや一寸先は闇と言われる政界に生息していれば、「絶対」があり得ないことを知らないはずがない。国民をたぶらかすための「絶対」語法だろう。でも国民は騙されない。安倍がそのときどきに自分に都合のよい言葉を弄して国民に嘘をついていることをみな承知しているからだ。「アンダーコントロール」と言ってから、この男は信用できないと勘づいていたのだ。

その点、安倍が天敵のように嫌っている本日の朝日は一面トップに「断言首相」と黒文字の見出しを掲げ安倍が安保関連法案の参院審議で「戦争 巻き込まれることは絶対にない」「徴兵制全くあり得ない 今後もない」「選手防衛いささかの変更もない」と副見出しで示した。国民がいぶかしく考えていることにずばり応えたいい記事だった。参院審議中とはいえ、ややヒマダネ風記事ではあったが、国民のもやもやを解く役割は果たした。

もやもやは集団的自衛権行使のあいまいさや、憲法解釈を一内閣の閣議で決定したことの意味が氷解したという意味ではない。法案のことが理解され、安倍は危険だということがより明確になったということだ。安倍が強い断定調で決めつければ決めつけるほど、国民の側には疑念が増し離反する。安倍の強弁は空疎で空回りして、作文の評価で言うなら、ほとんど絶望的に説得力がないCである。最近、余程の低レベルしかCはつけない。

ほぼいつも最高レベルのA評価をとる東大院生がいるが、かれの専門は万葉集だ。すぐには役に立たないことが勉強できるいまの日本は平和だと思っているが、じわじわと国家主義的な空気と締め付けが国立大学に忍び込んできたという。大学の管理が厳しくなったのだ。京大では政治的な問題を学内でアピールすることは学則で禁止されている。18歳から選挙ができるようになったが、ここでの政治向きの討論は制限されている。

安倍についてこのところ、独裁者とかヒトラーとか言われることもある。異論を認めないその性格的な特性のせいだろう。ヒトラーは政敵を殺害するが、安倍はそこまではしないだろう。ヒトラーはワイマール憲法下で民主的に選ばれた。国家社会主義ドイツ労働者党を率いた。安倍も民主的に選ばれたが、戦後どの総理も手を出さなかった憲法に手を出して勝手に解釈を変更した。憲法学者のほとんどが憲法違反と断じても強行採決した。

その執念というか、恐ろしさには、国民の理解はなくても、という独断的な匂いがぷんぷんする。長州人らしい観念右翼である。われわれは最も権力与えてはいけない人物に権力を与えてしまったようだ。まだ遅くはない。安倍内閣を倒せ。






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/714-f2aa07ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する