ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指原莉乃はブスなところがよい。
 彼や彼女のいない独身男女が4割いるという。これはどういうことだ!ぼくは既婚者だから当然、彼女はいないが好きな女性はいる。AKB48で言えば総選挙で最高得票を獲得した指原莉乃である。そこら辺にいるブスの若い女性という印象がよい。親しみを覚える。高度な清純性はなく、バラエティーを見ていると話し上手の男性経験のある22歳の匂うような若妻のようである。スタイルはよい。アンバランスなところが魅力だ。

 と言って、ぼくは不美人が好きなわけではない。指原が好きなのは彼女が大分県出身で同じ九州人だからかもしれない。大分は別府大分毎日マラソンの取材と台風取材をしたくらいでまず馴染みがない。中学時代ぼくと前後して大分から転校してきた野口くんという好人物の小柄な少年がいて友だちになったが、それぞれ違う高校に進学したので別れたきりである。急に中学時代を思い浮かべたのは指原のもつ庶民性からの連想だろう。

 さすがにAKBも下火になったのではと思うが、16期生のころはメンバーの写真16枚をトイレに貼っていた。それを真面目な東大出の日経記者が全部はがした。「ここはマスコミに入るためにみんなで勉強するところだ」と。かれは1年目には不運にも受からなかったが2年目の採用試験に備えて毎日13時間対策したという。人知れず勉強をしているペン森生は多い。卒業時に不用になった対策本をごっそり持ちこんでくるからわかる。

 20期生には熊本。福岡出身者が多い。いずれもラーメンのうまいところである。ぼくは北九州に4間赴任していたことがあるが、昼食はいつもラーメンだった。白濁のとんこつスープに細い麺、赤い紅ショウガが乗せてあるのがアクセント。東京で警察まわりをしていたころ白めしだけ出前でとって、他社の記者にラーメンのスープを残して恵んでもらい、それを白めしにぶっかけて食べていたのに比べてかなり進歩していたものだ。

 警察まわりは午前10時から夜の10時まで勤務だったが、1人暮らしには朝飯と昼食に苦労した。夜は酒につぎ込んでいたから昼食代がつねに不足していた。朝はたいてい抜いていた。なにしろまだ20代前半の若さである。若かったので無茶がきいた。飲み屋でビールの大瓶を12本飲んで外に出て、腹を叩いたら口からビールがピッと噴出したことがある。まだ携帯電話なんてあるはずもなく、呼び出しは電報の時代であった。

 九州の人間は総じてラテン気質である。それは指原によく感じるところだ。指原を見ればわかるが大分は美人の産地ではない。美人が多いのは長崎、福岡、鹿児島である。ぼくの故郷鹿児島の美人は顔が濃い。色ではなく彫りが深くメリハリがついている。ペン森に鹿児島の同じ高校出身者が4人入塾したことがある。最も秀才だと言われた男だけが全国紙に落ちて、1人が記者をしている地方紙に転職した。1人は朝日の新入生総代となった。

 選挙という作文題を出すと必ず、AKB48の総選挙を書く若者がいる。いまどき総選挙といえば衆議院ではなくAKB48なのだ。ぼくはあけっぴろげな指原が好きだけど、指原が総選挙で1位になるとはファンは相当庶民的でブス好みなんだね。

 

 

 

 

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/708-573f448c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。