ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本はアメリカのポチか
安保法制をめぐる論議が国会で進行中という。というと伝聞表現で使うのは、テレビの国会中継をみてないからだ。新聞もそれだけは避けて読まないようにしている。それでもチラッとはきいたり読んだりしている。ぼくの場合、安保法制チラ見である。チラ見でもたいていなにかはわかるものだが、安保法制はぼくの理解力や関心の度合いが低いせいか具体的な中身がさっぱりわからない。いや関心はあるのだが、抽象的すぎて敬遠気味だ。

 報道でわかったことといえば、首相の安倍が第二次大戦を締めくくったポツダム宣言を「詳らかには知らない」ことだ。「詳らかに」知らないことはぼくにも当てはまる。『昭和史』の半藤一利の本だったと思うが、ポツダム宣言に触れて「条文は結構ややこしい」と書いてあったので条文までは詳らかに読んでないのだ。たいていの日本人はポツダム宣言を受諾することによって日本は無条件降伏したということは知っているだろう。

 無条件降伏なのにどうして昭和天皇は戦犯にならず天皇制は維持されたのだろうかと疑問に思うが、天皇を罪としないという条件はだれがつけたのだろうか。これは無条件ではなく単なる降伏ではあるまいかとぼくは思う。半藤の著書などによると天皇の退位や免罪を主張したのはアメリカらしい。戦後史をひもといても日本人は天皇制によって暴動もゲリラも起こさないから、GHQは天皇を戦争犯罪者としての罪に問わなかったという。

 ポツダム宣言が発せられたのは2945年7月26日だが、その後に原爆投下がなされた。8月6日に広島、9日に長崎。わが首相の安倍はこのあたりの期日があいまいらしい。8月15日に天皇の「耐え難きを耐え」の玉音放送があったが、小学1年生だったぼくはまったく記憶してない。戦争が終わって日常がどう変化したのかもかすかにしか憶えていない。ひもじい思いとイナゴやドジョウを獲って食べるようになったことは記憶に残る。

 きょうの新聞報道によると衆院の憲法調査会が4日に招いて参考人質疑を行った憲法学者3人は、集団的自衛権の行使容認を含む安保関連法案についてこぞって「憲法9条違反」と言った。与野党が推薦した専門家がそろって批判的な見解を示したことにぼくなんかはそれ見たことかと言いたい。与党の自民・公明はみずから呼んだ参考人が応援してくれると思っていたのにはっきり批判したので、あてがはずれてがっかりしただろう。

 ぼくもわからないなりに安倍はアメリカが戦争をして「日本も自衛隊を出して戦え」と注文をつけられたらもう9条を盾にNOとは言えない立場になったと考えていた。昔、「日本はアメリカの妾」と国会で言った議員がいたが、安倍によって日本はいよいよアメリカのポチになったのだ。戦後世界で最も戦争をしている国はアメリカだそうだが、日本はよその国へ行ってまで戦争をする国になるのだろうか。自衛隊に人権はないのか。

 安保法制は憲法違反という専門家の国会での明言はいかにも、朝日新聞のそうな好きそうなニュースだが、朝日はこれを1面のニ番手で扱った。毎日はトップ。毎日が三番手で扱った創成会議の東京圏高齢者の地方移住促進が朝日の1面トップ。朝日はなんだかおかしくなっている。安倍が怖くて縮こまっているの。かつての朝日はどこへ行った? 
 

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/704-b72a63b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。