ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

披露宴にはよばないでくれ
卒業生の14期女子からいわれた。「先生が1年でおじいさんになった」。いうまでもなくぼくは老人だが、去年あたりから急速に老化が進行しはじめたような気がする。これはいかんと思っても、自分ではいかんともしがたい。とくに左脚が徐々にしろ、確実に退化してゆく。10数年前に患った脳梗塞の後遺症がいまになって出てくるとは考えてもいなかった。後遺症かどうか診断を受けたわけではないが、それ以外思いつかない。

 想定外のことはペン森生の結婚もそうだ。先週、ペン森20周年について知り合いの雑誌編集長のインタビューを受けたが、披露宴によばれるのはうれしいが年金暮らしにはご祝儀が痛い、と愚痴をこぼした。いわゆるご祝儀貧乏である。ご祝儀はいただけませんので、とわざわざ披露宴の前夜に電話してきた女子もいたが、まさか身ひとつで参加して酒をばかすか飲むわけにもいかない。そこはやはり3万円ないし5万円でお祝いする。

近年、披露宴に行って部屋を探していると係に必ず聞かれる。「ご親族のかたですか」と。
ぼくは恩師という立場になるのだが、こんな老人の恩師もいないようだ。ときどきほんとにまれに見かける新郎新婦の高校大学時代の恩師はぼくより若いのだ。だいたいいまどき恩師とよぶような先生との関係を学校時代に築くことはないのだろう。その点だけはマスコミの就職がからみ、つまりは生涯に影響を与えるペン森ならではの特殊性である。

 披露宴出席は多い年で10組少ない年で3組だ。会場が遠方にすぎると欠席だが、欠席は案外少ない。これまでは沖縄と鹿児島の奄美大島だけである。東京や近県で披露宴をやってくれると非常に助かる。今年はあと9月と10月の2組だけであるから、気は軽い。とはいえ、6万円から10万円を貯めることができるかどうかだが、これは夏まで節約にいそしめばなんとかなるだろう。転倒しないために軽量の靴を買いたいが来年にする。

 まだ何人も結婚候補者が控えているが、披露宴出席は今年の2組が最後になるだろう。来年なると、脚はさらに悪化していると思う。今年3月1日雨の日、披露宴に行く途中家の近くで転んだのをはじめ、3月に3回転んだ。3回目は帰路の夜やや暗い道で左脚が路上の突起につまずいた。転ぶとそのままでは立ち上がれないので、仰向けにされたゴキブリのように脚をばたばたさせるだけである。通りすがりのサラリーマンが助けてくれた。

 結婚には未来と希望があるがそれだけではない。子どもを授かれば社会の再生産に寄与できる。そう考えるからこそ、披露宴は老人にとってはまさに世代交代という意味合いを深く感じる。ぼくの年齢になれば自ら再生産はありえない。次代を担う子を再生産できる若者を輩出する仕事に精を出すのみである。9月の披露宴では一言しゃべるらしいからあまり飲まないようにしなければ。ばらばらに生きる卒業生と同席できるのがうれしい。

 最近は「おれを結婚式によばないでくれ」とペン森生に言っているが、来年からはそれが現実になるだろう。よぶなと言ってもよぶひとが出てきたときにどうするかだ。1組OKしたらずるずると崩れそうだし、さ。そこは意思固くいくぞ。
 

 

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/702-b01f7e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。