ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反原発報道の東京新聞人気
 愛川欣也が亡くなった。愛川が「私はあなたの街の宣伝本部長」と前振りをするテレ東の『アド街』が好きで土曜日の夜9時にはいつもテレビの前に陣取っていた。ついこの間まで元気に司会をしていたのに訃報を聞いて高倉健や菅原文太以上に驚いた。愛川は菅原と映画『トラック野郎』で組んだが、2人とも核の発言を繰り返していた。愛川によると「日本人は唯一の被爆国民として被爆国はもういらないと言いつづける責任がある」。

 愛川や菅原のように反原発に通じる発言をするタレントは週刊新潮が目の敵にする山本太郎くらいのものだ。でも山本はたいして影響力がない。その志が揺らがないことは立派だが、言うことがわかっている分またかという感じがつきまとう。意外性がない。そこへいくとこれも亡くなっている三国連太郎は太平洋戦争の徴兵を嫌って逃げ回った。一種の徴兵拒否である。まさに堂々たる非国民であったが、つかまって兵隊にされた。

 現在、安全保障法制をめぐる論議の最後の詰めが与党の間で行われている。閣議決定から国会審議と逆コースの決定がされて、自衛隊が東シナ海に派遣されそうだ。日本の曲がり角であるが、この問題がペン森で話題になることはない。大半の国民にとって身近な問題ではないし、難しくとっつきにくいのだろう。ぼくもよく知らないが、興味や関心がないと言っている間に、米国と共同防衛する東シナ海でドンパチがはじまるかもしれない。

 自衛隊の出動について新聞は「派遣」と言うことばを使うのだろうか。ぼくはこれは「派兵」だと思う。自衛隊は発足当時、戦力なき軍隊といわれた。戦車を特車とだれかが言いくるめた。敗戦を終戦と言うが、自ら侵略しておいて自分をらち外におくような無責任な表現はない。「安倍首相は70年発言で日本は侵略したのだから侵略という言葉を使ってほしい」と政府寄りの発言の多い有識者会議の座長北岡伸一は言っている。

 ペン森で安全保障法制が論議の対象となるとすれば、この大事な問題は必ず筆記試験に出るという緊迫性を伴ったときだ。これははっきり出るだろう。政治部が出してくる。原発の再稼動に対する仮処分申し立てについても出るだろう。大飯原発3,4号機の再稼動差し止め申し立ての仮処分を福井地裁が14日日認めたが、川内(せんだい)原発1,2号機の差し止めは鹿児島地裁が22日逆に認めなかった。川内は7月にも再稼動する見込み。

 この福井地裁の判断について朝日はとたんに息を吹き返したように元気な報道をした。鹿児島地裁の政府寄りの判断には読売がそれ見たことかと反応した。福井地裁のほうが再稼動反対だから、賛成よりも報道価値があるとぼくは思う。新聞というかジャーナリズムは大きな流れに棹をさして、愛川や菅原や三国のような言動に好意をもつ。ましてや1強支配のこわい政権だ。メディアは大勢に与せず少数意見をくみとったほうが身のためだ。

 ペン森で断然人気が高い新聞は東京新聞である。ぼくは20年以上前東京新聞に「新聞を読んで」のコラムを書いていた。当時、特報面だけが特徴的であとの紙面にはさして特徴はなかった。紙面が変わったのは福島原発事故からである。流れに棹をさす原発報道姿勢にマスコミ志望の若者は意を強くする。
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/698-e1554400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。