ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100万円も1円の積み重ね
ジパング倶楽部といっても若い人は知らないだろうし、まだ利用できない。男性65、女性60歳以上になってはじめて会員になれる。JRが201キロ以上利用するなら、料金2割引きの短期の試用期間をへて3割引きとなる。高齢者にとってはとても便利で助かる。ぼくは65歳になってすぐに個人会員になった。3割引きを使って孫娘の高1当時から年1回ほうぼうへいっしょに遠出した。いまその孫も大学4年の就活生となった。

 孫娘と出かけたのは秋田男鹿半島、広島原爆ドーム、徳島阿波踊り会館、京都33間堂、
金沢近江市場、飛騨高山の飛騨牛食し、三陸被災地などだ。もちろんぼく1人かだれかとほかへも行ったが、仔細には憶えていない。ジパング倶楽部会員は更新料3700円くらいで6月に更新する。去年の6月に更新してから1回も利用してない。孫娘とは去年は九州周遊を計画していたが、ぼくの体調が思わしくなく、実現しないまま流れた。

 このまま経過すればまったく利用しないまま更新時期をむかえそうだ。マイカーを手放したのが70歳すぎ、それまで東北を中心に本州各地をめぐっていたのだが、パタリと各地の道の駅とも高速パーキングエリアとも縁が亡くなった。趣味のローカル線も孫と秋田――青森・弘前の海岸のすれすれを走る五能線に乗って津軽三味線を車内で聴いたのが最後。すっかり行動が鈍くなってきた。こうしてどんどん老化退潮してゆくのだろう。

 退行現象がすすんでいった果てに引きこもりがはじまる。と行く末を予想しだすとまことにやるせない。最近、土日だけの休みでは足りなくなってきたように感じる。疲労が蓄積されているのだろうと家人は言う。休んだあとの月曜日は体が軽く杖を必要としないくらいだが、金曜日の夜は体が重い。幸い、頭は以前のような回転はしなくなったとはいえ、まだ比較的まだ明瞭だ。だが、作文の添削がずさんになった気はしないでもない。

 もしかして学生のほうが変わってきたのかもしれない。ぼくは学生に100点は求めない。60~80点で十分だと思う。100点にするには40~20点が必要となるが、それは本人の可能性、潜在能力だと考えるようにしている。採用試験も可能性に期待をかける。学生は作文のどこをどう修正すれば100点になるかを知りたがる。ぼくは自分で思考して答えを見つけろ、という方針だ。学生は一気に答えがほしいようだ。

 それが顕著になってきたのは平成生まれが多くなってからとの印象がある。プロセス抜きの解答に慣れた世代である。作文は急に上達するものではない。天分のある者は別だが、たいていは努力と日々の研鑚によって力をつけてゆく。100万円も1円の積み重ねである。記者になってデスクや読者が納得する記事が書けるようになるには5年はかかる。ぼくは37歳が頂点だったと振り返る。入社してから14,5年を要している。

 ぼくは37歳以降は下り坂を下っているわけだ。下る途中でペン森を開設して、下るだけで上ることなく、学生と接してきた。若いひとに囲まれてきたせいで下るスピードは緩慢になった。だがいつ止まるかわからない。止まったら引きこもりになる。まだ止まりたくないから、きのうもきょうも上りのエレベーターは使わず、階段を1段ずつ上った。

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/697-8ecce83e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。