ペン森通信
2014年の喜怒哀楽

 あさってがペン森と瀬下塾の合同望年会、翌28日から新年1月4日までペン森もぼくも休みに入る。いよいよ押し詰まった年の瀬である。望年会は来年の展望に比重をかける会なので、今回のブログは今年のペン森を振り返って喜怒哀楽で示してみよう。

≪喜≫①19期生が独自性を出したこと。全国紙ではなく地方紙の中国新聞、京都新聞、福井新聞さらに、外国邦字紙のじゃかるた新聞に内定(就職)した。いずれそこから全国紙やテレビに移籍するかもしれないが、最初に地方の実態をミクロの目あるいは虫の目で見ることはきわめて大切だ。かれらは日本の内臓を見てなにかを変えねばと悩んでほしい。
②2期生男子が新聞協会賞を受賞したこと。調査報道の成果だが、40年前から言われていた独自取材の調査報道手法がやっと根づいた。先行していた朝日の頓挫は大きい。
③2期3期11期と3人の女子が赤ん坊をつれてペン森を訪れたこと。ついこないだまでペン森現役性だった記憶があるのに若い母親になったその変化ぶりに驚いた。

≪怒≫①大掃除に集まりが悪かったこと。12月19日に実施したが昼間きたのは男子1人のみ。以前は大勢集まり換気扇からトイレまで拭いてしていたのに19,20期生は平成生まれだからだめなのか、と思った。3期生や5,6期生とは明らかに違う自己本位。
②時事的な問題で盛り上がることがないこと。原発再稼動、憲法、集団的自衛権などについての議論がない。これでは採用試験のグループディスカッションに対応できるか心配。
③共有財産の作文が紛失していること。A評価の作文が何本か消えている。だれかが無断で持ちさったと疑わざるをえない。ちょっと借りてあとで返却するつもりだったにせよ悪質。
④新聞・テレビの政権に対する委縮を気にしてないこと。メディアの役割は権力の監視。それはペン森生は全員が承知しているはず。だが香港学生への感想も聞かれず切ない。

≪哀≫①ついに杖つき歩行が常態化したこと。8月11日左ひざを転倒打撲した。擦りキズはすぐ治ったが、内部の痛さが長引いた。前日が谷雅志の命日、残り焼酎を飲みすぎた
②旅をしなくなったこと。まず年1回の孫娘との旅を無期延期した。ペン森生との旅もぴたりと止んだし、合宿も中断したままだ。相手にしてくれるペン森生も皆無に近い。悲哀。
③老人になってやっと性に目覚めたこと。週刊誌の「死ぬまで」や「死ぬほど」記事には興味ないが、ペン森生の男女がPCにAVをセットしてくれた。女の子も平気なんだと驚嘆。

≪楽≫①神保町の改札までペン森生が送ってくれるようになったこと。夜は相変わらず21時台神保町発の都営地下鉄に乗る。送ってくれるのが男女各1人、女子とは手をつなぐ。
②PCは若いひとが全部やってくれるようになっていること。ぼくら老人はPCが調子狂うとまったくお手上げ。ペン森生は20代なので扱い慣れている。PCについてはお任せだ。
*よいお年を。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/677-397c18a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する