ペン森通信
大ニュースに押しのけられたニュース
 朝日攻撃の津波もどうやら引いたようだ。かわって御嶽山の噴火でマスコミも噴火した。ほかに知らすべきニュースや話題がないかと言えば、ある。朝日攻撃はやや意図的だが御嶽山噴火は自然災害。この2つの大ニュースに隠れて神戸の女児バラバラ殺人やイスラム国はあたかもそれが存在しなかったかのような日さえあった。テレビは本番画面の上や横の枠外で流す手もあるが、新聞は増ページして他のニュースを収容する対応もしない。

 新聞は号外を出すことはあるが、増ページはあまりしない。むかしからそうだった。進歩がないのである。どんな大ニュースもどうせ一過性にすぎないと高をくくっているのかもしれないが、その間、進行している中小の出来事はあるのだ。ぼくらは知る権利があるから報じるべきニュースはボツにしないでくれと主張していい。ページを増やせば掲載できるはずだ。たとえばイスラム国攻撃に自衛隊の参加はありうるのか、ありえないのか

 アメリカが要請した場合、集団的自衛権はこのケースで当てはめられるのか。関係ないのか。誘拐された日本の民間軍事会社の社長はその後どうなったのか、パタリと報道されなくなったのは、水面下でイスラム国と日本政府との間で身代金の金額交渉が行われているからだろう。かれが公開処刑されたら、同様に自国民が斬首されたイギリスやフランスと同じ立場になって攻撃するのだろうか。そいうことを知りたい国民も多いにちがいない。

 そんな中、きのうの毎日夕刊で6期生男子が特ダネを放っていた。八ッ場ダムの高台にできる川原湯温泉新駅をめぐり、15年前地主が国土交通省に無料で土地を提供する代わりに代替地の約束をしながらいまだに果たしてないばかりか、地主は固定資産税を負担させられつづけていた、というとんでもない話。こういう国の理不尽を見つけて告発するのが本来、新聞のあるべき姿勢だ。長期にわたる自然災害現象は報道価値があるが。

 その例が、120カ国の首脳級が出席した地球温暖化対策の気候変動サミットも重要であり見逃せない。これは2009年以来2回目の開催。世界の温室効果ガスの排出量を減らそうという取り組みだ。産業革命後の気温上昇を2度未満に抑えようという国際目標が合意されているが、目標は遠のくばかり。戦争と疫病によって人口調節をはかってきたのが人類の歴史。日本も熱帯化でマラリア、アメーバ赤痢による死者が出る時代がくるかも。

 気温上昇対策にはぼくも協力したいが、冷暖房はよく活用するし、決してよき協力者とは言えない。ICPP(気候変動に関する政府間パネル)の予測では有効な対策をとらねば地球の平均気温は今世紀末までに最大4・8度、海面水位は82センチ上昇する。4度以上の気温上昇によって食糧危機を招くという。世界一の富豪ビル・ゲイツは8兆円の資産がある。富者と貧者の差は広がり、ますます貧困が死に直結する世界になるだろう。

 先日、新聞はどうしてタテ書きなのだろう、という疑問がペン森現役学生から出た。教科書でタテ書きは国語くらいのものだ。若い人は断然ヨコ書きのほうに慣れている。たしかにメールもPCのワードもそうだ。新聞は別刷りにヨコ書きはあるが、本紙は読者に老人が多いから決断ができない。ぼくもタテに慣れている。ヨコは読むスピードが遅い。ニュースは速読みがいい。




 

 

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/654-098cf56d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する