ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい人材よりも有望な若者を
 秋採用試験の読売の論文課題は「人口減社会」だった。その人口減を象徴するかのように予備校の代々木ゼミナールが全国に展開している27校のうち来年22校を閉じて7校にする、という。一方、大学は92年に523校だったのが782校に増えている。18歳人口が減少して大学全入時代を迎えたというのに、大学の数が増加するというこの矛盾。
当然、定員割れの大学も出てくる。学生の質も低下するばかりだろう。

 この質の低下はペン森にとって他人事ではない。急激な低下でなく緩慢な低下だから、普段あまり意識させられることはない。カエルを水にいれて水をゆっくり沸かしていってもカエルは気づかず、気がついたときには茹であがっているのと同じで、20年たって気づいたら学生は相当退歩していた。今年ほどマスコミ各社から「いい人材がいない」という嘆きを聞いたことはない。鹿児島の南日本放送は人事がペン森まで人探しに来た。

ペン森にいると、飲んでは馬鹿話をしていた仲間が当たり前のように内定する。すると朝日も読売も毎日も中日も共同もNHKも大したことはない、自分も入るのではないかと錯覚してしまう傾向が見える。だから中には身の丈知らずの高望みをする受講生もいる。マスコミは東大が有利とは決して言えない代わり、偏差値の高い大学の学生が内定しやすい感じはある。ESに大学名を秘しても結果として、そういう学生が先に決まってゆく。

今春の採用で朝日に東大生が1人もいなかったことが話題になった。週刊新潮が取り上げて広まったのだが、新潮で嫌みな健筆をふるうのは年かさの記者にちがいない。ある程度年齢のいったひとならば、東大=朝日=岩波というイメージがまだ残像としてあるだろう。ぼくが思うに、朝日は日本の中央集権国家という権力構造の枠の中で威力を発揮してきた。政府、すなわち日本を動かす中央官庁に電話1本で話せる同級生がいたのだ。

ペン森に両親とも東大法学部出身の中央官庁キャリアの優秀な息子がいて、朝日に職を得た。内定してから間もない日、かれは朝日の記者たちに歓待された。官僚の両親のお世話になったから、ということだったらしい。つまり、朝日記者と官僚とはそれだけ近かったのだ。両者を結ぶのは東大法学部にほかならない。といって、朝日記者が官僚と癒着していたのでもないようだ。要は情報を入手しやすい立場にいたのである。

そういう意味で中央集権の枠内に朝日はいたわけだ。あるいは朝日は中央集権を形成する一員であったかもしれない。中央官庁の採用はすでに東大法学部一辺倒ではなくなっている。マスコミはもっと多様な大学卆の採用を前からしてきたが、その多大学採用が加速している。そうして、学生の能力の劣化現象に今年になってやっと気づいて、予定よりも採用減の社が何社も出た。もっともマスコミ各社の採用基準にはまるで進歩がないが。

ぼくのところにも「いい人材はいませんか」ときいてくることがある。ぼくはそれが不満だ。「有望な若者はいませんか」ときいてほしい。有望の中にぼくは片親や障がいをもった親や兄弟をもっている、あるいは本人が障がいをもっていて、より広く深い取材のできる能力を加えたい。記者は明るく健康で丈夫だけでは通用しない多様複雑な世の中になってきたのだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/647-e63591f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。