ペン森通信
人間は進化し深化したか
つい先日、自宅近くの公園の外周路でヘビを踏みそうになった。模様から見て無害のシマヘビ。体長7,80センチのチビ。ぼくを追い越そうとしていたおじさんがヒヤッとちいさく叫んで、「一番嫌いなものに出遭った」といった。「何年ぶりに見たでしょうか、こんなところにもいることはいるんですね」。ヘビもびっくりして、身をくねくねとさせながら石垣のすきまに入り込もうとするが、あきらめて背の低い石垣の上に登って身を隠した。

 ぼくはいまの家に引っ越して30年になるが、ヘビに遭遇したのははじめてだ。トカゲはよく見る。体長15~20センチの大ミミズが雨上がりの朝、公園外周路に白くふやけて伸びていることもある。これは気色悪い。子どものころはミミズをちぎって釣り針に刺し、釣りに興じていたものだが、そのミミズが気色悪いとは退化現象もはなはだしい。家族がやたら気持ち悪がるのが伝染したのだろう。ヘビだってポケットに入れていたのに。

 子どものころは知らないがゆえの知らぬが仏ではなく、生活環境による後知恵だろう。長女は小さいころ、芝生の下にいる虫をどんぶりいっぱいにして母親に自慢げにもって来て、母親を仰天させたことがあった。その母親はむかし飼っていた猫がネズミをくわえて見せにきてもサザエさんみたいに騒ぐことはなかった。どう処理したのかは知らないがぼくのでる幕はなかった。ネズミが天井裏を走るコトコトいう小刻みな音も昔のものだ。

 ひとにはそれぞれ、苦手なものがある。ぼくは、ゴキブリの大きいのが苦手。暖かい南九州で子ども時代をすごしているので、成長したゴキブリが羽を広げて家の中を飛んでいる姿を見ている。それが顔にぶつかったのがトラウマになっていると思う。ゴキブリはあの冒険家で怖いものなしに見えた植村直己も苦手だったらしい。ぼくは苦手がもうひとつあった。長野県人が蛋白源にしていたハチの子である。ウジとイメージが重なってしまう。

 敗戦直後の食べ物のなかった時代、小学生のぼくは川でハヤ、フナなどを獲り、イナゴはフライパンで焼いて食べた。スズメは頭からかじった。記者になった最初の赴任地、八王子に野鳥料理の店があってよく通ったものだ。料理といっても焼くだけの簡単料理だったが、スズメを食べた記憶に引き寄せられたのだろう。八王子セミナーハウスで合宿した帰りに17期生とその店に立ち寄ったが、野鳥ではなく鶏肉の単なるやきとりだった。

 今朝出がけに三省堂のカバーがついたままの本をひょいとつまんだら、それは2008年に読みかけの『ぼくは猟師になった』(千松信也 株式会社リトルモア)だった。千松は京大在学中に狩猟免許を取得し、先輩猟師から伝統のワナ猟、網猟を学び運送会社で働くかたわら猟をする。「文明の利器である銃を使うのには漠然とした抵抗感がありました」というとおり、猟銃は使用しない猟師である。子どものころからの自然好き山好きが高じた。

山と川で子ども時代をすごしたぼくは、記者になってからその小さな川に行って、ふるさとは遠きにありて思うもの、と実感した。上流にでんぷん工場ができ、あの清流が濁っていたのである。文明は進化し深化したが、その分自然を破壊してきた。人間の幸福追求や欲望は果てしなくむごいものだ。

 

 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/630-d674cd9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する