ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『言論の覚悟』の著者を呼ぶ
2004年マスコミ秋採用の挑戦組の申し込みは4月30日現在6人(うち通信添削2人)である。いまは春採用の毎日、中日、地方紙の結果待ちの時期なので、ペン森は作文を書く者もいないし、閑散たるものだ。29日の「昭和の日」は来塾ゼロ。毎年このような状態だが、もしかして卒業生がひょっこり来るかもしれないので、食いものだけは用意している。だが、5月5,6日は休んでも支障はないと判断して休業閉店にする予定。

 5,6日は幸い好天に恵まれそうだから外出したいが、10余年前に患った脳梗塞の後遺症である左足の様子が芳しくない。家から最寄り駅まで7分もあれば十分だったのに、いまや12,3分かかる。ぼくと反対側の右半身が不自由な長嶋茂雄ほど不自由ではないが、旅もしようにもできない始末だ。せっかくのGW後半も自宅ひきこもりか、近所に買い物に出かけるくらいだろう。ひっそりと本を読むしか有効なすごし方はないようだ。

 先日、BOOK・OFFで吉村昭の『アメリカ彦三』と『彰義隊』を仕入れてきたので、いま読んでいる司馬遼太郎の『幕末』を読み終えたら吉村の2冊にとりかかろう。吉村も司馬作品も再読ではあるが、老齢になってから熟読すると壮年時とはまた異なる味わいがある。若いときにはただストーリーの筋を追って、表面的に楽しんだ傾向があったが、いまはじっくり奥にある作者の人生観まで知ろうとするところがある。

 だが、その前に連休明け5月12日の瀬下塾勉強会に新右翼一水会最高顧問の鈴木邦男を講師として呼んでいるので、かれの著作も読んでおかねばなるまい。近作は坂本龍一との対談『愛国者の憂鬱』(金曜日)である。ぼくは革マル派の大物とされていたJR東労組の委員長だった松崎明のゴーストライターをしていたことがあり、3冊の本を手がけた。鈴木が「松崎さんに会いたい」と依頼してきて、2人の顔合わせに立ち会った。

 鈴木を瀬下塾の講師にお願いするのは2回目である。10期生共同記者が1回目は9年前だった、と教えてくれた。1回目のテーマは「公安警察の手口」だったように思う。鈴木は右翼から出発したが、『言論の覚悟』という著作もある。朝日のオピニオン欄に登場する名の通った言論人である。今回は「日本が右傾化したといわれる理由」もしくは「左翼はどこへ消えたか」というタイトルで話してもらう。両タイトルは裏表一緒ではあるが。

 1回目は、右翼の系譜・歴史に触れて話した。まだ記憶に残るくらいおもしろかった。今回の12日も午後7時くらいからの講演となるが、もっと開始時間を遅くしてくれとの要望を聞き入れたいと思うものの、会場(東方学会ビル)の都合でそうはいかない事情がある。早く終わってあとはペン森で飲みながら質疑応答を続けるというのがパターンだ。マスコミ人や学生に大勢来てほしいので遅くはじめるようにはしたい。

 すっかり読む気が失せたのが百田尚樹である。『永遠のゼロ』は15期生のほとんど全員が読了したが、百田がNHKの経営委員に就き、公の立場にありながら国家主義的右翼的な発言を覆そうとしない態度に愕然とした。鈴木邦男の『言論の覚悟』を読んでみろ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/624-8504d2c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。