ペン森通信
太き骨のそばに小さき頭の骨集まる
女子大の授業「文章表現法」ではビデオ上映だけではなく、その場で課題をあたえて書いてもらったり、外へ出てなにかを発見して観察文を課す場合もある。今週は先週の作文につづいてその場の課題。知るひとぞ知る広島の被爆歌人、正田篠枝の秘密出版歌集『さんげ』に収められている7首を現代の女子大生がどう捉えるかをみてみたい。

 ①燃える 梁の下敷きの娘 財布もつ手をあげ 
            これ持って逃げよと 母に叫ぶ
 
 ②ズロースもつけず 黒焦の人は 女(おみな)か
            乳房たらして 泣きわめき行く

 ③可憐なる 学徒はいとし 瀕死のきわに
            名前を呼べば ハイッと答えぬ

 ④太き骨は 先生ならむ そのそばに
            小さきあたまの骨 あつまれり
 
 ⑤人見れば 声泣きあげて 女訴う
            首席の 吾子をもどしてくれと

 ⑥鈴なりの 満員電車 宙に飛び
            落ちて潰れぬ 血にぺしゃんこに

 ⑦天上で 悪鬼どもが 毒槽を
            くつがえせしか 黒き雨降る

 おわかりのようにこれは被爆直後の光景を詠んだ短歌である。原爆を扱った作品の出版は禁止されていた。だから『さんげ』は秘密出版なのである。昭和22年12月5日広島刑務所でこっそり100部印刷され、ひそかに配布された。歴史的な原爆歌集として知られる。

 ところで原爆について最初に報道統制をしたのは、日本政府だった。被害者が統制したのであった。現在の日本政府もその体質をひきずっているような感じをぼくは受けるね。GHQが報道管制をしいたのは昭和20年9月2日からだったので、『さんげ』はGHQの目をくぐって世に出たことになる。

 35歳の正田は爆心地から2キロのところで被爆した。「そのころは原爆のゲの字も書いてはいけない時代でした」と正田はあるインタビューに答えている。もそ歌集を発行したことがGHQにに見つかれば必ず死刑になる」と親類は引き止めた。「死刑になってもよい。身内のものが止めるのもきかずに、やむにやまれず秘密出版しました。無我夢中でひそかに泣いている人にひとりひとり、さしあげた」

 原爆症による乳がんによって正田は54歳で亡くなる。上に列挙した短歌でいえば、ぼくは⑤の「先生と子どもの骨」はペン森生に何人も示した。いまの先生と子どもたちの関係と照らして教育を論じろ、と。②のズロースを知らない受講生が多いのに驚いたのは数年前だ。さて女子大生たちはこの短歌の底にある抗議と人間の香気を察知してくれるだろうか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/62-06930fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する