ペン森通信
作文直前特訓で力を掘り起こせ
 作文の直前集中特訓をはじめたのは、15期か16期のときからである。今回19期は来週いっぱいが特訓日である。去年はペン森で実施したが、受講生が一堂に会すると、座りきれなくなるおそれがあったから、偶数日と奇数日のふた手に分けて、2週間つづけた。だが満席になるのはせいぜい2日目までで、3,4,5日目はスカスカ状態。ふた手に分ける必要はなかった。今回もネタ切れを予想して4日目だけはペン森で実施する。

 この特訓の効果は絶大で、結果として自分を掘り起こして新ネタを見つけだし、共同、朝日、NHKから内定をもらった女子もいた。彼女は果敢にも毎日、新ネタをぶつけてきた。その分、新鮮ではあったが巧拙の差が大きかった。彼女は「防犯カメラ」という題で故郷青森の銭湯で見たおばさんたちの会話を書いた。青森弁の絶妙な会話がいきいきとして非常におもしろかった。その会話はぼくには再現不可だが、彼女はこの特訓で飛躍した。

おばさんたちは大声で話すと防犯カメラに拾われると心配していたのだった。ぼくはその作文に高い評価をつけた。それを内定した3社で使いまわした、と言っていた。作文特訓がなくても、センスのいい彼女は1社くらい内定したかもしれないが、3社内定は特訓の成果だとぼくは思う。ほかにも1本のネタを通し3社に内定した男子もいた。いま、かれは朝日の中堅記者として、数々の話題ものの記事で名をうっている。

特訓は1日3本の異なる題の作文を1本800字70分以内の制限で書かねばならない。高い評価をもらったネタの使いまわしの訓練も兼ねている。使いまわしをしなければ、70分はあっという間にすぎてしまう。用意したネタで勝負するほうが気がきいている。卒業生たちのなかにはあの特訓のおかげで新聞記者になれましたと、いまだに礼を言う者もいる。以前、共同通信が採用試験に1日に3本の作文を課した。それに倣った特訓である。

直前特訓の最中もESの締め切りがあるが、記入する項目が多いNHKはすでに締め切った。NHK応募者がきわめて多いが、採用も多い。ディレクターは難関だが、記者は新聞記者と同じ仕事なので人材が分散する分、難関というわけでもない。今春は例年と異なり、NHKと新聞大手各社は4月上旬に試験日が集中するが同日同時間帯に重なるケースはないようだ。ただ、面接日は重なるのではないか、とみている。

それでも複数社から内定をもらう幸福な学生も多数出るだろう。NHKと朝日なら、映像と紙媒体なので選択は比較的楽だが、共同通信も含めて紙媒体数社から1社を選ぶとすれば大いに困るだろう。ペン森生の多くは複数社から内定をもらい、どこに入社するか大いに迷う。安定志向の学生はおおむねNHKに進む傾向が強い。新聞なら朝日、日経、読売。通信は共同。今年は有力ブロック紙や地方紙の志望者も目立つ。きわめて好ましい。

一足早く、民放キー局は選考がすでに最終段階を迎えている。きょうか、来週早々にはペン森にも朗報が届くだろう。2人がそれぞれ別の局を受けたが2人とも内定するのではと期待している。泣いても笑っても、あと1カ月余でNHKと新聞大手の試験日だ。これで人生の方向が決まると言っていいだろう。力を尽くして後悔のないように頼む。

 

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/611-c9f3fa75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する