ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみもぼくも絶滅危惧種
  イギリスのホーキング博士(65)は2年くらい前、今後1000年以内に人類は滅亡するか、他の惑星に移住するしかない、と警告した。他の惑星にほかの生物ともどもこぞって移住できるわけがないから、つまりは人類は1000年以内に死に絶えるということ。

 ホーキング博士は車いすに乗った天才物理学者であるといえば、ははん、あのひとかと思い浮かべるかたもいるだろう。車いすに乗っているのはALS(筋萎縮性側柵索硬化症)を20歳ごろ発症したからである。言葉を発声することも書くこともできないから、コンピュータを活用して意思を伝達する。こうして1988年に出された本が『ホーキング、宇宙を語る』。これは世界で1000万部、日本で110万部のベストセラーとなって、日本でも一般にホーキング博士の名前が知られるようになった。

 博士は2009年に宇宙旅行をする計画という。もちろんそれは宇宙への移住でも逃亡でもないが、博士が人類は宇宙移住しかないとその理由にあげる地球温暖化は一向にストップする気配はない。ゴアさんがノーベル平和賞をもらってら、アメリカ人がはたとめざめて京都議定書を尊重してエネルギーを節約しようと立ち上がる動きもない。

 それどころか、国連環境計画は最近、地球環境対策は不十分で「このままでは人類の生存を脅かすかもしれない」とこれまでにない強い警告を発した。危機はもうそこまで迫っている、とホーキング博士よりもさらに一歩踏み込んだ。これじゃぼくもきみも絶滅危惧種ということになるぜ、人類諸君。亀田だのエリカだので騒いでる場合かよ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/61-eea11466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。