ペン森通信
ときめき効果で人生長持ち
朝9:55の電車に乗ると、ペン森のある神保町まで、乗り換えなしで10:45に着く。もちろんゆっくり座れる。けさは前の座席でノートを広げて勉強している浪人生ふうの若者が席を離して2人いた。大学の入学試験が間近い。入社試験ももうすぐだ。大学受験にあんなに熱心になのに人生を左右する入社支援には案外冷めている。ペン森でのぼくの時事教養講義は結局、ペン森生の視聴者がいなくてやむなく中止せざるをえない。

 日本は終身雇用が崩れたとはいうものの、入社した会社にそのまま定年まで居つくケースがまだ多い。マスコミ、とくに記者はどの社でも同じような仕事をするが、転社はすくない。学歴がマスコミ人生に作用することもあまりない。大学受験に傾注することなく、しがない私大出のぼくでも大手新聞社で十分に通用したと思う。ただ、新聞記者になる対策は大学2年生からけっこうやっていた。作文試作と日本人に関する論考だけではあるが。

 車中の若者を見ながら、ぼくにも同様の年まわりのころがあったのだ、年を重ねたものだ、ときめきがめっきり減ったなあ、とちょっと感慨にふけった。年寄りにはワクワクやときめきが重要なボケ防止の処方箋だと医学的に言われるが、大半の老人には手の届かない話である。ぼくは大学生の孫娘と年1回3泊4日の旅をするが、やはり身内以外のほう胸キュンだ。ペン森女子で言えば、13期と14期にときめくひとがいるのがうれしい。

 先週、このブログに書いたAVものはきわめて評判が悪かったようだが、おかげで男子大学生とエロとの関係やAV女優にきれいな子が多いことを発見できた。エロサイトを開いたことのない男子学生はいないのじゃないかと思うほど、かれらはこの種の情報にくわしい。ぼくのPCはあっという間にエロサイトが9ジャンルに増えた。男子が増やしてくれたのである。やれ草食系だの、内向きだのと批判されるが、ペン森男子はすけべな男そのものだ。

 AVだって老人にはときめき効果があるのかもしれないが、これはパターンが同じだからはっきり言ってわりに早く飽きる。でも美女を見るのは顔だけでもやはり楽しい。75歳にして新境地に目覚めたのである。感情のある生身の女子とこのところ、親しく接する機会が少ないからときめきの対象が変質したのだろうか。13期女子とは昨年長崎を旅して堪能したが、14期女子とも旅をしたいものだ。おいそれと実現しないからもどかしい。

 今年に入って、先輩でペン森の出資者の1人でもあった78歳の岩見隆夫がなくなった。去年3月に会ったときはあんなに元気だったのに他界してしまった。岩見は酒好き、煙草好き、女好きだった。煙草以外はぼくと同じだ。ぼくらの仲間では岩見とぼくとどちらが酒を多量に飲んだかが去年話題になったことがあった。すでに過去形である。仲間内では岩見もぼくも過去の人間として認識されている。ときめき刺激に頼るほかないわけだ。

 AVにきれいな顔をした手小ぶりな胸の美少女がでていた。その子をアイドルとして見るのを楽しみにしていたが、あっというまに消えた。他のAVに入れ替わっていたのである。これはやはり生身の女子にときめくほうが長持ちしそうだ。長持ちとはいっても先は知れているが。

 

 
 

 

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/605-52e47b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する