ペン森通信
剛力彩芽とぼくは同類かも
 風呂場の全身が写る鏡で自分の裸をしげしげと見る趣味はない。だからいままで、自分の裸をじっくり見ることはなかった。最近、ズボンのベルトの穴を一つ長めの位置にしなければしっくりこないので、昨夜は正面からではなく、横から腹の出具合を観察してみた。恐るべし、ぽっこりと膨らんでいる。腹まわりが膨張していた。へこまさねばならない、と思ったが、今朝まずはベルトを新調して対策した。神保町の安い店で牛革製850円。

 ぼくはズボンなどの衣服は自分で購入する。ウエストは長いあいだ、78センチだったが、80センチの大台を超えたのが65歳をすぎてからだった。おととしまでは85、いま88と膨らみつづけている。このところの寒気で下着を増やしたり、厚手のものを着こんだりしているわけでもない。腹が出てきたことは事実として受け止めねばならない。腹だけでなくどうも背丈も縮んでいる気がする。股下が短くなったようだ。胴長短足。

 身長166センチが164くらいになったのではないか。短くなった分、体重が減ったかというとその逆で、62キロの理想体重が66に増えた。その投影として腹がせりだしたのだろう。酒飲みのくせに甘いもの好きときているから、無駄な贅肉が増量となった。運動したいが左足が不自由。おとといの夜も神保町駅で電車が来たが、ぼくはホームを走って乗ろうとはしない。走るとまず転ぶ。運動して腹をへこませろ、というのは無理。

 ということは飲食でコントロールする以外にないということか。でも、酒はやめたり、減らしたりする気はない。甘いものは控えることができるだろう。文明堂の懐中しるこを
うちの近くの西友で買ってきて、毎日1個ずつペン森に持ち込んでいる。これはけっこうおいしいおしるこだ。神保町に羽根のひろがったたい焼き屋があるが、1個140円と高いので最近はまとめ買いは当然のこと買わなくなった。たい焼きは1個100円が上限だ。

 半蔵門にきんつばの名店があって、以前はよく利用していたが、もはや店はどこにあるかもわからなくなった。でも、きんつばが嫌いになったわけではない。大阪駅の新幹線乗り換えコンコース商店街にある大阪きんつばは行くと必ず買う。19期生に金沢の甘納豆の有名老舗の御曹司がいるが、ぼくが甘いものも好きと口を滑らせたものだから、実家に帰ったさい、土産として持参するのでは、と恐れつつも期待している。

 あんぱんも休日には昼食のあとに食べる。こしあんよりもつぶあんが好みだ。きんつばもつぶあんだし、ぼくは基本的に小豆が好みに合う。塩えんどう豆も酒のつまみに活用している。そういえばおとといは就職が決まったと報告に来た18期女子と、彼女がお土産にもって来てくれた大福をつまみに焼酎を飲んだ。甘いものをつまみながら酒が飲める体質なのだ。この体質と腹太り身長短縮、胴長短足は因果関係があるのだろうか。

 18期女子が30歳になったら、壇密のようになりたいが先生は剛力彩芽のほうが好きでしょ、という。剛力彩芽がダンスをしているCMを見ると、あの子も胴長短足。さては剛力彩芽もぼくと同類の甘辛両刀かもしれん。
 

 

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/593-a597e849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する