ペン森通信
あすから孫娘とふたり旅
 あす30日と31日四国へ行き、4月1日に帰京する。2泊3日の旅。孫娘とふたりである。孫娘は大学生になっているが、旅は高1のとき秋田男鹿半島、高2で広島、高3で南三陸とペン森卒業生のいるところを巡ってきた。今回は高松と徳島を訪ねるが、秋田なまはげ、広島の平和祈念館、被災地南三陸みたいに明確なテーマはない。東京から鉄路でめぐる。祖父と旅をすることが孫娘にとってどんな記憶として残るのだろう。

 ぼくは物心ついてから親や祖父母と旅をした憶えはまったくない。小学5年からひとりで汽車に乗っていた。当時から、乗り鉄というのではなく、交通手段は鼻の突き出たバスかSLの汽車しかなかったのである。バスには切符を売るバスガールがかならず乗っていた。列車の座席は木製の背もたれが直立して、座り心地の悪いしろもの。網棚にもひとが寝そべっていて、列車の乗り降りは窓が多かった。敗戦から5年ぐらいたっていた当時だ。

 手荷物はどうしていたか、定かな記憶はない。運よく座れれば抱え込んでいたのではあるまいか。大人の中には戦時中を思わせるリュックを背負っているひともいたが、子どもが、リュックを背負っていた思い出はない。いまでこそぼくは両手が自由になるポケットの多い機能的なバッグ背負っているが、このバッグはもともとUCLAが発祥という。アメリカの教科書は分厚くて重量があるから、学生たちが背負うバッグを使いだしたらしい。

 孫娘もそうだが、キャリーバッグに物を詰めて旅をしているひとがますます目立つようになった。孫娘のキャリーバッグのためにふたり旅の行程は制限される。ぼくはローカル線を乗り継いで楽しみたいのだが、重いキャリーバッグを持って階段を上り下りして次の列車に乗り継ぐのを繰り返すのは難儀だ。ぼくも男だから孫娘がキャリーバッグを持って歩くのを見るには忍びない。ぼくが手伝うことになるが、ぼくは歩行困難者ときている。

 階段の上り下りには手すりがないと不安でしようがない。左足がつっかえるからだ。上るには手すりに頼らない場合もあるが、下りはなければ危ない。階段で足を骨折でもしたら、ペン森閉鎖の果てに外出もできずうちで寝ている以外にない。今年中に後期高齢者に突入するから、そのまま寝たきりになってしまう。そうすると旅どころではない。最近は温泉もぬる湯だけでなく露天風呂の手すりがあるかどうかもぼくには深刻な条件だ。

 孫娘はおしゃべりでないので助かる。ぼくとの間で会話は必要最小限しかしない。おかげでぼくは本が読める。このところ、人格的には嫌悪している島崎藤村の『夜明け前』と森鴎外の『舞姫・阿部一族』を再読しているから、「木曽路はすべて山の中である」の『夜明け前』でももって行こうかと思っている。高校や中学で読んだ本の内容はほとんど憶えていないから、古い本でも案外新鮮なのだ。

 孫娘が高校生のころは同室に寝たが、今回から別室だ。高松も徳島もシングルを2部屋予約した。来週から新聞春採用の筆記がはじまる。作文の添削は無用となる。いよいよぼくの旅シーズンの開幕だ。14期女子は25歳になって鮮度が落ちたと評した14期男子がいるが、後期高齢者のぼくには水もしたたる14期女子です、旅に付き合ってよ。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/529-3d7741eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する