ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第三の性」を理解する
『境界を生きる』という本と『こうのとり追って』という本が25日、郵便受けに入っていた。メモ書きが添えられていたので、留守しているあいだに2期生女子が置いていったとわかった。昨日25日は箱根で1泊して午後に帰ったから、午前中留守だったのである。本は2冊とも毎日新聞に連載されていた記事をまとめたものだ。ぼくは性と生のはざまで、と副題のついた『境界を生きる』は連載時に、全部ではないが目を通していた。

『境界を生きる』は2010年、石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞と第29回ファイザー医学記事賞優秀賞を受賞している。1冊の本におさめられるくらいだから、長い連載だった。長い連載になったのは、最初に取材した相手から「こんなに難しいテーマを私に一度会って話を聞くだけで記事にするんですか? まずは詳しい医者を自分で探し、十分に勉強してから改めて取材を申し込んできなさい」と言われて反省したのがきっかけ。

そうして専門医を探し十分に勉強することから、本格的な取材をはじめた。最初に出会ったひとは90年代から性分化疾患の自助活動をつづけてきた当事者。「難しいテーマ」とは性分化の種類が70以上に及ぶ複雑な疾患だからだ。「男か女か二者択一を迫られる社会の中に、これほど多様な人たちがいると知るにつけ『性別って、一体何なのだろう』という疑問が強くなった」とエピローグに記してある。男と女の境界には多様な人生がある。

性にまつわるこのような題材は、どちらかと言うとまだタブー視される。本には一話ごとに具体例が示され、その事実が詳述されている。取材相手は本人、親、医師。ペン森生は現在、春採用試験のES執筆の最中だが数年前、カミングアウトしたことをESで告白した男子がいた。その若者が性同一性障害だったかどうかは知らない。ES書きという20歳すぎてからはじめて自分と直面する場面にいたって、告白を決断したのだろう。

前に勤めていた会社に男から女に性転換したアメリカ人の30代部下がいた。父親として子どももいたが、子どもにとって女親が2人になったのである。部下は性転換するとき、ホルモンのせいか情緒不安定になって机を叩いたり奇声を発したりした。女性に転換してやがて落ち着いたさい、聞いてみた。「どう、なにか変わった?」「トイレがね、慣れで男性用に入ってしまい、ドキッとする。まだ女性用に入るには抵抗があります」

『境界を生きる』は「第三の性」ともいうべき、少数派に光をあてて世の中に理解を求めた本である。3人で組んだ取材班のペン森2期生がいたのだが、このナイーブな課題をよくそしゃくしたものと思う。取材班はもう1冊の『こうのとり追って』とも重なる記者が2人いる。これは晩婚化時代の妊娠・出産という副題がつき、きわめて現代的だ、初産年齢は11年に30歳を超え、ますます晩婚化している。その最前線をルポしたものだ。

ぼくは記者をやめてから30年近くになる。記者時代の取材相手とはもうだれとも交流がない。大半は一過性の取材される側と取材する側だった。一度会って話を聞いただけで記事にした例がほとんどだったのである。ぼくが取材される側に密着して住み込みルポを勧める所以である。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/522-2ec8d37e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。