ペン森通信
美女に恵まれているのに
 先週新幹線乗り継ぎで鹿児島へ行く途中、熊本で一泊した。球磨焼酎を飲んだ。芋ではなく米の焼酎だが、芋ほど匂いは強くない。13期女子が家族経営の郷土料理店に案内してくれ、大型の湯のみほどの容器にたぷたぷのお湯割りをすすった。むかし球磨焼酎を飲んだが、くせがなくこんなに飲みやすくおいしいとは!いくらでも飲めそうだったが、酒は酒であるから飲みすぎると酔うに決まっている。用心してもやはり足元は覚束ない。

 ぼくの宿泊はビジネスホテルの東横INNに替えた。その前はホテルルートイン10余年。東横INNは駅の近くか繁華街、ルートインは高速道路のインターチェンジの近くか市街地周辺と立地がそれぞれ異なる。車は手放したし、めったにレンタカーも活用しなくなった。だからルートインから東横に替わるのは自然の流れ。ルートインは1000円でビデオカードを購入すればAVが見られるが、女性や家族客の多い東横にはそれがない。

 熊本の郷土料理店に入ると店主が13期美女に「お父さん?」とぼくのことをきいた。「いえ、大学時代の恩師です」。お父さんにしてはぼくが年をとりすぎているし、同時に20代の彼女もこの父なら40代に勘ちがいされる。ペン森女子と旅をしたり食事や飲んだりすると、このカップルはどういう関係だろうかと奇異の目でみられることが多い。あまりの年齢差だから、不倫関係には結びつきそうにない。父子にしては歳の差がありすぎる。

もちろん、祖父と孫の関係と見るのも娘が年をとりすぎているし、どこか不自然。「彼です」と娘が紹介しても、紹介されたほうはただ笑うだけで信用するどころではない。なにしろ、たいていは50歳超の年齢差があるのだ。アメリカの雑誌『PLAYBOY』の創始者ヒュー・ヘフナ―は名だたるプレイボーイらしい。86歳の現在20代の女性と結婚したという。この女性は復縁で前に別れた理由は「だって夜は2秒しか持たないんだもん」。

ヘフナ―は豪邸に複数の美女を侍らせて住んでいるらしいが、ちっとも羨ましいとは思わない。周囲に美女は1人か2人いれば十分。共に旅をしたり、酒を飲んだりしてくれる美女はいまでもいるから、もうこれ以上の女性はぼくには必要がないのだ、とここでは一応強がっておこう。鹿児島へ行ったら5年足らずしか居住しなかったのに、街の変貌ぶりと自分の高齢を感じないわけにはいかず、女性とは無関係の老人にすぎないと自覚した。

そもそも、まだぼくは恵まれている。共に旅をしてくれる半世紀差の美女がいる74歳は、はたして日本に何人いるだろうか。有名人ではないからスキャンダル扱いとも無縁だし、だから東横INNの会員にもなってあちこちに出かけられる。東横INNはシングルベッドがセミダブルの大きさだから、1人寝はちょっとせつない。だが、焼酎のお湯割りをしこたま飲んで、酔って身を投げ出す分にはまことに手頃な大きさといえる。

鹿児島から薩摩川内にもどって先祖の墓掃除とお参りをした。ぼくはそのお墓に入る気はなく、東京か近辺で死後をすごしたい。帰宅してすぐ樹木葬のことを調べた。さらに寝床のベッドで帚木蓬生『安楽病棟』を読みはじめたら、気分が陰陰滅滅と滅入ってしまった。あしたは特定の美女の1人と会えるというのに、この認知症羅列短編集に自分の行く末を見てなんとも晴れない。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
相互リンク
初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://is.gd/caMYWL
【2013/01/29 16:30】 URL | まゆみ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/515-a604b491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する