ペン森通信
13年も見果てぬ妄想
年内はペン森も本日で閉店。年明けは7日からだから、なんと連続11日間の長期にわたって休みだ。新宿TSUTAYAでDVDを借りる、BOOK・OFFで文庫本を数冊仕入れる、運動不足を補うため中央線→身延線→東海道線→相模線の列車に乗って途中下車をしながらぐるり日帰り1周も悪くない。1泊の旅をすれば11日間の休みの消化率もあがるからこれも考えよう。なにしろこんなに長い休暇ははじめてだから戸惑ってしまう。

こういうときにかぎって、女子からの旅の誘いもない。もちろん男子からもない。金もないから、だらだらと近所を散歩するだけで終わりそうな予感もある。年内最終日の本日は昼間だれもこないから、なかなか時間がすぎてくれない。たった1日でこうだ。こんな退屈が連綿とつづいたら、精神の平衡を保てないかもしれない。城山三郎の『毎日が日曜日』は定年後の時間のあり余る男の人生を描いているが、「毎日が日曜日」とは言い得て妙。

ぼくが働きはじめたころは1週間のうち休日は日曜のみだった。大学を出て入社すると次の日曜日が待ち遠しくて、1週間は長いなあと感じた。サラリーマンになった大学の友人たちはこぞって言っていた。それまで午前中だけ仕事だった土曜日も休みになったのは80年代に入ってからだ。この土日の休みですらもて余す者がいて、それはマスコミ人だった。週刊誌記者をしていたぼくの後輩は、ひまだから小説を書いて賞をもらった。

ぼくはもはや小説を書く感性は消えた。会話体が多く、改行も多いのを読むのがやっとの状態。加齢というのは肉体の劣化だけでなく、精神もかなり摩耗していることを自覚せざるをえない。きのう帰宅時に読む本をさがしていたら、書店のカバーをしたままの文庫の新品がでてきた。本田靖春の傑作『誘拐』。だれかにプレゼントするつもりで買ってそのままにしといたのだろう。車内読書用にしたが、脳が摩耗して細部はだいぶ忘れていた。

最近迷惑メールがやたら増え、今朝も300通近く削除したが、11連休中は大変だ。一斉削除するには新着全部に網がかかる。仮に3000通として、受講申し込みもあるだろうから、一斉削除は怖い。といっていちいちチェックするには膨大な時間がかかる。チェックしても漏れがある恐れも多分にある。明確にわかるような見出しをつけてくれればいいのだが、名前がローマ字で見出しも迷惑メールと同じようなのが困る。

ともあれ今年も大した変化なくかくてありなん。来年こそはと意気込む年齢ではなし、だが、かわゆい女子から温泉旅のさそいでもあれば、秘薬2種類をポケットにいそいそと出かける気は十分。まだまだ枯れるには間があるが、ただしこれは頭の中だけの妄想。肉体方面の凋落ぶりはまるで民主党なみだ。そういえば今年は2回も酔って横転した。うちの前の路上と笹塚駅ホーム上。線路に転落はせず、まずはすねの擦り傷だけでよかった。

本日ことし最後の定期健診の結果、このところの血圧をみて弱い降圧剤が追加された。これで1日6種類の薬服用となった。自慢じゃないが老人の薬漬けである。来年はもっと増えるのかもしれない。11連休の間に断酒してみようか。と実行不能なことを考えるのは女子との温泉旅を妄想するのと同じ。心だけは来年も夢見人です。よいお年を!





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/509-c22308b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する