ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「野合」は男女の関係を示す
 自民党と民主党は太陽の党と維新の会の合併を「野合」と非難するし、非難されたほうは民主も自民も野合からスタートしたと悪口を浴びせる。こんなにおおっぴらに公党が「野合」という言葉を口にしていいのか、あまりにも品がない。いま手元にある『岩波国語辞典』を引いてみると、野合とは「男女が正式な結婚手続きをふまずに関係すること。私通」とある。時代小説には男Aと女Bとが裏山の藪のなかで野合した、といった表現がある。

 まあ、アオカンと似たようなもので、言ってみればラブホなどの専門施設がないころの表現にちがいない。「野合」の本来の意味を知らない有権者も多かろう。冗談にしろ女子に対して、きょうおれと野合しようよ、なんて言ったらりっぱなセクハラだ。もっとも相手が「野合」の意味を解しないで、いいですね、どこでしますか、などと応じたらハラスメントにはならない。気取っておつにすました女子にちょっと言ってみたい気もするね。

 ぼくはテレビ朝日の前田有希アナが好きだ。03年入社の彼女には言えても、まだ女子としてベテランではない卓球の石川佳純にはこんな汚すようなことは言えない。剛力彩芽にはもちろん言っちゃいけない。前田アナは明るいお嬢さま系だが派手ではなく、地味でもなく、頃合いの飾り気のなさがぼく好み。ただ2003年入社というのが、20代前半を高言するぼくにはオ―バ―エイジ。石川佳純は試合が少ないので見る機会がない。残念。

 剛力彩芽はCMでよくお目にかかるが、名前はさっきまで知らなかった。「決定!第34回読者が選ぶ・講談社広告賞」のベストキャラクター賞を受賞したことが週刊現代に載っていたので気がついた。彼女は独特の妖しい目にくらくらする。魅惑的な女子高生みたいな佳人だ。自民党幹事長の石破のような危険な怪しい目とは異なる。剛力はごっつい姓の割に名前が初々しい印象でかわゆい。石川は平凡な顔つきだが、笑顔が健やかな清楚系だ。

 一般的に少女にも大人にも使えない言葉を政治家はメディアで平気で使っている。メディアもそれを委細構わず使用して、まるで鈍感だ。かれらに言葉の乱れと若者の風紀の乱れを嘆く資格はない。「野合」には別の意味もあるが、第一義は男女の性的な関係だから、人前で口にできる言葉ではない。単にくっつくことをさして悪口を言う言葉として流布している気配だ。子どもに野合ってどういう意味?と聞かれたら、どう答えるのだろうか。

 それにしても、12月16日の投票には困った。入れるところがない。15も政党が乱立しているが、その全部の政党名を言えるひとは少ないだろう。石原慎太郎はどういう党ではじまってなんという党に落ち着いたか、これはまるでクイズだ。党名とそれぞれの主張を言えるひとは皆無かもしれない。これまで声高らかに言っていた政策を捨てて合流したり、じつに打算むきだしのありさまに嫌気がさすばかりである。

 メディアの世論調査が出ているが、メディアによって支持政党の数字にかなりの差が生じているのは、有権者に迷いがあるからだろうか。あるいはメディアの分析の主観の差が投影されているのだろうか。新聞やテレビの選挙報道も悩ましい。

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いいねぇ~
【2012/11/22 03:58】 URL | 山口孝志穂 #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/498-9ac74c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。