ペン森通信
すぐに陳腐化する石原老人党
 石原慎太郎が最後のご奉公を国政でやるという。尖閣諸島を東京都が購入すると言っていたころ、中国と戦争も辞さず、と意気高らかだったそうで、驚いた民主党は国有化することにしたらしい。まことに困った80歳だ。今回の国政進出も若い世代が動こうとしないので、自ら行動することにした、と言っている。会見で「若いの、しっかりしてくれ!」とかなんとか吠えたが、若者はこの老人に対してなんの興味も関心もないだろう。

 ぼくは興味も関心もある。その勃起したようなウルトラ右翼ぶりはほっとけない。だいたい民間人で軍人みたいに敬礼をする男がどこにいるのだろう。ソフトバンクのCMで「この惑星では敬礼をする老人が新党をつくって国会で現憲法を廃棄せよと訴えることが大ニュースになる」とからかえばいい。当面「たちあがれ日本」の党首になるが、この党は「立ち枯れる日本」と悪口を言われるほどの老人党だ。老人に老人がくっついて気持ち悪い。

 政界にはペン森同様、定年がないので、とくに古い自民党には老人が多い。長老支配という言葉が先の自民党総裁選では悪評としてささやかれ、長老たちの応援を受けた慎太郎の長男、伸晃は、自分のパパが数少ないウリのひとつだったが、ばか呼ばわりされたあげく惨敗した。それでもパパ慎太郎は長男がかわゆいらしく、かりに伸晃が自民党総裁になっていたら、都知事を辞めて新党をつくるなんて衝動は起こさなかったにちがいない。

 石原都知事は橋下が大阪府知事当時、大阪都構想をぶち上げた際、都は東京にひとつあるだけでいい、と言っていた。それがどうだ、橋下にすり寄っているように見える。すり寄った結果、盟友といわれた亀井静香と別れた。亀井によると、石原最後の国政進出は「石原が橋下に『維新の会を全部やる』って言われて舞い上がっちゃったんだよ」(29日毎日新聞、山田孝男の「風知草」)。どうも石原の決起にはだれもついていかない気がする。

 少なくとも石原新党はブームにはなるまい。石原は自分で考えるほどの人気はない。80歳で起つというのを憂国とみるか、時代錯誤とみるか、老醜とみるか。本人は憂国とか救国の士だと思っているだろうが、同世代に勇気や志を示すどころか、老残をさらしてみっともない成り行きになるだろう。だが80歳にしてあのエネルギーだ。テレビで見ると猫背の老人だが、老人否定の日本で80歳が脚光を浴びただけでもよしとすべきかもね。

原発、増税は大事だがささいな問題、という石原慎太郎。中央集権打破が1丁目1番地のようだが、さて自民党の大臣のとき官僚支配拒否のための行動をしたか、である。ささいな問題の原発発言でおばさんたちの票をだいぶ失ったとみられ、さすがのお山の大将も晩節を汚す次回の衆議院選挙になるのじゃないか。石原慎太郎が落選することはあるまいが、石原新党は小政党乱立のなかで埋没して惨敗の憂き目をみる可能性が高い。

「近いうち」解散が年を越すかもしれない現状では、石原新党も橋下維新と同じくすぐに陳腐化するだろう。このスピードの時代、あっというまに「石原旧党」に落ちてゆく運命だろう。都政を放り投げたお山の大将の目立ちたがりパフォーマンスはそれまで持続するか。作家に弱い出版社系週刊誌も衆議院選挙まで持ちあげるのがつらかろう。
 
 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/491-c4f3ea56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する