ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日VS 安倍晋三が楽しみ
 自民党の新総裁・安倍晋三にとって朝日新聞は天敵である。いや、朝日にとって安倍晋三が天敵かもしれない。自民党総裁は、近いうちに行われるであろう衆議院選挙で第一党になる流れだから、安倍が総理大臣になる可能性はすこぶる高い。安倍嫌いは朝日だけではなく、ぼくも嫌いだ。腹痛(じつは難病)で政権を投げ出したことも一因だが、尖閣をめぐる好戦的というか、勇ましい発言に辟易している。右翼っぽいところが嫌いだ。

 「左翼朝日」の安倍嫌いは安倍の右翼体質もあるだろうが、具体的には2001年にNHKがETV特集で放送した「戦争をどう裁くか」の第二夜「問われる戦時性暴力」について2005年1月12日に自民党の中川昭一と内閣官房副長官安倍晋三が番組に圧力をかけた、と報じたのが大きい。これが政治家の番組圧力、介入として大問題となり、裁判で争う事態となった。ところが事実関係は朝日に分が悪く、書いた記者は左遷された。

 天下のNHKと朝日の対立をはらみながら展開したこのメディア事件は「NHK番組改編問題」として知られる。朝日記者は無断録音をしていたのでは、という疑惑が持ち上がるが、朝日は録音に関する証拠を裁判で提出することはなかった。それは朝日にとってきわめて都合の悪いことだったからである。2004年取材内容のはいったMDの内容が広まったという不祥事があり、無断録音は内規でやっちゃいけないことになっていた。

 面接の録音をしたペン森生もかつていたが、機器の発達でポケットに忍ばせているだけで収録可能となった。そもそも面接選考はどのような基準で行われているのか、採用側は語ることがない。じつに不透明だ。ボイスレコーダーをポケットに入れて面接を受けてどこがいけないのか、と思う。朝日の内規は「事前に相手の内諾を得る」ことになっている。インタビューの場合事前に断るのが礼儀だが、面接で断って録音してどこがいけない。

 面接にボイスレコーダーを隠し持っているとなったら、面接官も緊張するにちがいない。セクハラ面接なんかきれいになくなるだろうし、プライバシーの侵害もなくなるはずだ。
朝日の面接を受けた女子が漏らした。「恋人はいるの?」と聞くんですよ」「はい」と答えたら「やることはやっているんだね、可愛い顔をして、ですって。これってセクハラでしょ!」。「あなた年がいってるな、どうして?」と女子に聞いてきたのは毎日。

 安倍晋三は小泉内閣のとき官房副長官だった。ぼくの記憶によれば、イラクで日本人の19歳の若者など3人が人質になった事件で「自己責任」と最初に冷たく突き放したのは安倍だった。アメリカの国務長官、パウエルは逆に、こういう若者は世の中に必要だと称賛した。ぼくの安倍嫌いはそれ以来かも。安倍は多様性を受け入れない偏狭な人物ではあるまいか。寛容な精神の持ち主でないから尖閣発言に見るごとく攻撃的なのだろうか。

 日本維新の会は早くも失速気味だが、民主党はずっと失速しているから、同じ低空飛行でも自民党安倍政権の流れは変わるまい。政権の交代自体は民主主義の上で好ましい。自民党総裁候補の立ち会い演説を聞く聴衆が中高年老人ばかりであっても、この党に代わるのはよしとする。朝日vs安倍の新しい宿敵構図は見どころだよ。朝日負けるな、とこの際エールをおくっておこう。



 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/482-84c699a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。