ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼酎のお湯割りから水割りへ
 ぼくは、いまさらだけど、酒飲みだ。酒飲みは総じて腹がゆるい。ぼくもゆるい。焼酎のお湯割りを飲むようになってから、それがピタリとやんだ。どちらかといえば便秘にちかいのだろうが、いかんせん、便秘というのはバリウムで苦しんだ体験がある以外、あまり詳しくない。でも、バリウムは苦しかったなあ、割り箸をけつの穴に突っ込んでほじったり、バリウムを飲むのは恐怖だった。もうずいぶんバリウム経験はないなあ。

 焼酎お湯割り効果でバリウムが不要になった気がする。飲む際、げっぷしないようにとか難しい注文が医師や技師から与えられて、与えるほうは通常の口調で言っているのだろうが、患者?はもっと思いやりのある言葉をかけてほしいと思っている。医者や技師にとっては日常の行為でも、患者?にとってはげっぷ抑制は大変なことなのだ。するなと言われると、出るはずもないげっぷだって出たくなるんじゃないの。げっぷは我慢できないよ。

 便秘ぐせがあると思いきや、1日1回は便意をもよおす。あさ起きぬけに1回だけ、というふうに規則正しくあればいいのだが、これが気まぐれときている。時と場所を選ばないようなところがあるから厄介だ。ぼくはウォッシュレット派だ。和式は大の苦手。しゃがんで立ちあがるとき、なにかつかまえるものがほしいが、それのないものが多い。だから立ち上がるときに力みやふんばりは並ではない。ぼくは左足の弾力が不足気味なのだ。

 加齢のせいもあるだろうが、10年前に入院した脳梗塞の後遺症に悩んでいるのである。
リハビリ治療に週3回通っているが、弾けるような効果はない。いずれ不自由に左足を引きずって歩かねばならないかも、と恐れる。現在でも靴によっては引きずる。杖は買って用意してあるが、引きずりながらも歩けるうちが遠出の機会だ。この連休は南三陸へ、10月初旬は群馬の温泉へ、11月は奄美大島へ。しまなみ海道、五能線の計画もある。

 もちろん行く先々で飲むわけだが、これから寒くなると魚がおいしくなる。それが楽しみ。酒の相手がいればなおさら遠出の愉悦も増してくる。だが、いまのところ相手は間に合っている。これはペン森女子たちのおかげ。介護師、看護師、酒や馬鹿話の相手をかってくれるから付き添いには恵まれている。焼酎を仕入れて部屋で一献。お湯も準備してあるし、その場でへなへなになっても電車に乗ってうちに帰る心配は不要なので安心立命。

 焼酎のお湯割りの欠点はむせることだ。むせると余計に老人くさくなる。だから、このところ水割りに替えつつある。氷を必要としない常温が最もいい。するとだんだん飲みすぎるようになった。お湯割り2杯で肝臓の数値もよくなり、酒は百薬の長だと喜んでいたが、自制はきかず、濃い水割り4杯5杯と増えた。二日酔いこそしないが、毎夜自由のきかない左足を引きずり引きずり、他人に追い抜かれ追い抜かれして帰りつく始末だ。

 水割りにしたら腹が冷えるのか、また緩くなった。途中下車してウォッシュレットがそろっている病院やデパートのトイレを拝借するが、どうしてこうも全体の装置はまちまちなのだろう。きょうは調布でセンサーに手をかざしたら、音姫だった。水洗の取っ手が便座のふたの外にあるのを見つけるまで5,6分かかった。行きつけの病院にはワイドビデのボタンがついている。ワイド! 腹がゆるいと思わぬ発見もある。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/479-0182fe9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。