ペン森通信
民主党は野におけ蓮華草だった
 国会空転、議員は働かないまま会期末。民主、自民ともに党首選だ。新聞もテレビも週刊誌も野党の自民党乱立総裁選のほうに比重をかける。総選挙で民主党の惨敗は明らかで、権力の座から転落し、自民党総裁が次期総理大臣になる可能性が高いからだ。自民党は過半数には届かないが、あらゆる世論調査では第一党になる。連立を組めば自民党総裁が総理大臣だ。日本の大事なリーダーにふさわしい人物が見当たらないこの悲劇。

 3年前、自民党から民主党に政権が移行する選挙速報を観るため、歴史の転換を目に焼き付けようと興奮してペン森生と伊豆高原のコテージを借りた。速報がはじまったとたんに長妻昭の当選確実がでて歓声をあげ拍手したのも、いまとなってはむなしい。あの熱意と期待はどこへ消えたのだろうか。総理になった鳩山由紀夫も管直人も歴代ワースト1・2位を占めた。3代目の野田佳彦ワースト3も原発再稼働と消費増税をしただけ。

 そこへ名乗りを上げたのが大阪維新の橋下徹。テレビのバラエティー番組「行列」で名をあげた橋本のしっぽには長い行列ができているが、行列に並ぶ山田宏、東国原英夫、中田宏などの顔ぶれをみると、へどがでる。この区長やら知事やら市長やらをやった下等な連中がまたぞろでてきた。流れからすると橋下はいずれ総理の目もあるだろうが、大飯原発再稼働で最後にひよった。なんだこいつは、とぼくと同じく怒ったひとも多かろう。

 民主党は政権を担う力はなく、やはり野におけ蓮華草だった。歴史のあだ花にすぎなかった。もはや政権の座に就くことはあるまい。野党に戻って国会で質問しては「じゃお前さんたちはなにをやった?」と冷やかされて立つ瀬がない!!民主党の落選恐怖組は野田の対抗馬として41歳の細野豪志を立てようとした。自分の選挙が危ないから不人気の野田よりは細野のほうがましだ、という打算。細野のキス相手の山本モナもあきれているぜ。

 民主党が6日に発表した「2030年代の原発稼働ゼロ」もポピュリズム。あきらかに女性票をねらっての迎合だ。原発なしでも深刻な受給逼迫は起こらず、計画停電や工場の操業調整にはいたらなかった。大飯原発の再稼働前の政府や経済界や電力会社の脅しで、国民はうそを見破り、選挙前のいまになってゼロとはなにをほざいているの、とまるで信用してない。あの管直人は「25年にゼロ」を主張していた。これはほんとだろう。

 今度の選挙でまた政権交代がある。3年前、あんなに期待して燃えたことがとてもはずかしい。選挙は失望・絶望のなかでおこなわれる。その空気を読んで維新の橋下がのしてきて、橋下への異常接触がみっともない。ぼくは橋下ヒトラー説には同調しないつもりでいたが、弁舌と攻撃性はヒトラーに似てないこともない。ヒトラーも選挙で選ばれて独裁者になった。尖閣や竹島ともからんで、日本が右旋回をはじめるような心配が漂う。

 「今度の選挙は投票するところがない」と、きのうペン森に来た新聞記者が嘆いていた。ぼくは棄権しない代わり、白票を投じるか共産党にいれる。共産党の独善性や誤謬性は疎ましいが、チェック能力には見るべきものがある。共産党は政権に就く危惧はゼロだ。このゼロは原発ゼロ実現より信頼していい。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/478-5e6dc037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する