ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足と手と生と死と旅と人生
 先週から月水金の午前、調布の整形外科に通っている。先週は杖も買った。転ばぬ先の杖である。左足の歩行がやや不如意で、弾力がなく靴の底が路面を擦る。ちょっとした段差にもつまずきそうになる。脳内でちいさな血栓が生じているようなのだ。血の流れがよくない。もともと血のめぐりはいいほうではないが、ますます悪くなった。3月に左手のしびれを感じたが、今度は上腕部に痛みがあって、それもマッサージしてもらっている。

 10年前に脳梗塞をやってから、体が硬直していることは痛感していた。先々月CT検査をした結果、ちいさな梗塞が起こっていることが判明した。このあいだ電車のなかでおばさんが話していたが、小さな梗塞はだれにでも発生しているのだそうだ。この際、おばさんの話を信じて安心することにしよう。左手のしびれと痛みはそれとは関係ないだろうが左足は間違いなく、小さな梗塞が犯人だ。舌が回らないという現象も梗塞のせいです。

 どのように舌が回らないかというと、酔っぱらったときとほとんど同じ状態になる。発音が明晰さを欠く。夜はいつも酔っているので、学生には判別がつかないのでは。とくにこのところ、芋焼酎のお湯割りを専門に飲んでいるので、酔いが早くよけいにけじめがつかないだろう。ぼくは高校生のころから焼酎になじんでいるが、お湯割りとはいえ日本酒よりも効く。体の硬直に反して部位的にはコンニャク度が増してきた、残念ながら。

 ちょっと話がそれるが、精力方面に関して焼酎は気分が高揚するわりに肉体の軟弱度はいちじるしいと思う。気分だけ発奮する。焼酎生活をしている南九州の男たちが草食系だとは聞いたことがないから、これはぼくだけの現象かもしれない。まあ、ぼくの場合は年齢も関係するだろうがね。蘇生は半分あきらめた。16期生が、1時間前に飲んでくださいと秘薬を差し出して同情してくれたが、いまだにリュックで出番なく眠っている。

 GWをすぎて、今年もぼくにとっての鼻炎の季節がやってきた。水洟とくしゃみがでてしようがない。マスクとポケットテッシュ―を忘れた日には悲劇だ。ホームに降りて買わねば保てない。この鼻炎もぼくの持病である。老人の会合では病気自慢が相場だが、鼻炎は老人特有のものではないから自慢にもならない。もうひとつ、これは老人特有だが、涙もろくなった。けさも『南三陸日記』(朝日新聞出版)を読んで車内で涙が止まらなかった。

 『南三陸日記』の筆者の後任に12期生が就任した。この日記は多くの人々に焦点をあてているが、中身の背後にはおびただしい死がある。GWに新旅友と長野上田市の無言館へ行ったが、展示された絵はすべて太平洋戦争で亡くなった若者が描いたものだ。自然災害と人為的な死とは異なるが、無言館の絵の奥にも理不尽な死を見た。7月、孫娘にペン森生が加わって南三陸ツアーを計画している。来年は孫娘を無言館へ連れてゆく予定。

 整形外科のリハビリの効果は上がっているようで、足も杖は必要としないかもしれない。腕の痛みはひいた。この分なら遠方への旅も苦にならないだろう。足と手を復元させて、ローカル線に揺られて何泊もの旅をすること、それがぼくの人生だ。

 



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/442-f693c4e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。