ペン森通信
精力絶倫と水虫の関係
 きのうは定期健診を受けて血液採取などをした。そのためペン森着も遅くなって、小沢無罪を知ったのは午後のTBSラジオだった。小沢判決に毎日新聞は号外を出したそうだが、メディアの関心の高さは異常だ。市井のひとたちはそれほどの関心興味はないのでは、とぼくは思っている。予想どおりの結果で蚊が1匹すねに止まった程度の刺激とも言えない刺激を感じただけ。週刊文春は小沢に隠し子あり、をこの日にぶつけてきた。やるのお。

 でもね、このスクープ記事で売れるだろうか。小沢ほどの陰にこもった精力絶倫的肉食系には、女の1人や2人はいたにちがいないと容易に想像できるから、隠し子がいたからといって意外性はすくない。週刊文春はすでに小沢が、ずっと支えてきてくれた妻と別居していることを報じた。妻と別居したから精力があまって別の女性に子を産ませたのではなく、隠し子の男児はもう21歳になるというから、若いときの不倫である。

 これまた妻以外にも子をなした田中角栄の秘蔵っ子だから、隠し子程度で興奮するひとはそんなに多いとも思われない。しかし隠し子の存在が発覚したときの心境はいかがなものだろうか。ぼくにはまったく縁のない話だが、ヒステリーを起こした妻とのあいだに狂乱の修羅が展開するのだろう。想像したただけで身の毛がよだつ。知り合いの女性は相手の妻に関係がばれて、乗りこまれる恐ろしさを考えると浮気はできないと言っていた。

 ぼくも彼女のように純情可憐のところがあるから、そもそもばれて往生するようなことは避ける。フィリピンには日本人男性がフィリピン女性に産ませた子が1万人にのぼるとう。20~30年前になるだろうか、フィリピンや韓国に行く男性は好色家とみられ、事実、旅の恥はかき捨て的な行為を自慢する男たちは少なくなかった。外国へわざわざ「乗り逃げ」に行く欲望むきだし男が多かったのは、経済成長の陰の部分であった。

 パリのホテル、ニッコードパリには日本人の男性相手のフランス金髪女が待ちかまえていて、深夜酔って帰還した出張中のぼくのエレベーターに乗り込んで部屋までついてきた。なにしろ泥酔していたので、よくはおぼえていないが、結果的にはなにごとも発生せず潔白だった。水虫で靴下が臭くて靴を脱ぐのをためらい、お金を握らせて退散してもらった。ほんとだよ。靴下も洗わずただ1足の皮靴自体が汗で臭気を放つようになっていたのだ。

 しばらくのあいだぼくは、しまった、とても損をした気分だったが、足の臭さに対して羞恥を感じるほど内分泌が活発だった昔のことだ。いまは水虫もできない。田中角栄や小沢や精力の強い男は足裏や足指の股が枯れることなく水虫に悩んだと推察する。女なら首都圏連続不審死事件のあの毒婦、木嶋佳苗は絶対に水虫だよ。ここで名前をあげた3人の男女はたぶん、羞恥心を感じることのない人生だ。うらやましい。

 (明日からGW。5月1日と2日出て、あとは明日から6日まで閉店です。7日から再開)

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/438-00eef461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する