ペン森通信
ぬる湯で口ずさむ学生時代
 少年の純情と青春の混沌を70をすぎたぼくはまだ引きずっている。いつまでも若いと思うな、と自己牽制しながらも毎夜飲んでいる。病院に定期診断に行ったら前々回、あれだけ禁酒を迫った医師がきのうは、酒はそんなに多くなければいいですよ、とえらくものわかりがよかった。前々回に言ったことを失念していたようだ。いまはPCに替わったが、この内科医は女子も書かないようなちっこい字でカルテに記録し、どこか頼りない。

ところが酒のことを忘れた代わりに今回は、べつの注文をつけてきた。なるべく早く帰宅するように、ストレスもためないようにしてください、と。たしかに帰宅時間は老人にしては遅いほうだろう、神保町で自宅最寄り駅直通に乗車するのが、早ければ夜9時38分、遅ければ10時40分だ。それから約1時間で下車駅に着く。たいてい、ではなく必ず酒が入っている。この時間帯には優先席にも若者が座っているが、1人分は空いている。

で、最寄駅の先の駅まで寝過してしまうこともしばしばだ。うちに着いてシャワーを浴びて就寝するのは、午前1時すぎということも珍しくない。起床は7時20分~30分と、決まっている。8時半に血圧計で血圧を測る。だいたい高いほうが平均150だろうか。就寝前は125平均か。まあ、微妙な数値であろうが、ときどき悪化して朝170を超えるときがある。深呼吸を繰り返して、再度測るとたいてい150に落ち着く。

 深酒をしてシャワーのあとに測ると案外、低い。120を切って110台の低血圧になることもある。素人判断だが、酒とシャワーで血管が弛緩するのだと思う。そして、自宅にいて酒の量が減る土日は血圧が朝も夜も高い。かみさんのいる家にいると摩擦を避けてつい我慢して、もしかするとストレスがたまり、血圧が上がるのかもしれない。詳しい因果関係はまるで知らないけど。ストレス解消すなわちぼくの健康法は旅以外にない。

 4月1日はあさひ、読売、共同、NHKの筆記試験日である。春の採用試験の期間中がぼくが旅のできる時期だ。4、5、6、7月は採用試験の切迫期ではないので、ぼくは土日月は比較的自由に動ける。火水木金とウイークデーにも休めるのなら、文句なしの休暇が楽しめる。そうすると遠出も可能になる。大学時代、各駅停車で鹿児島―東京を何回も往復した。それを再現してみると、青春と老春の歴然たる相違に泣きたくなるだろう。

 もうだれも知らないが、ぼくは逆三角形の上半身をしていた少年だった。1日4キロ海で泳いでいたからだ。水着の痕跡は大学に入っても腰にくっきりとついていた。銭湯の鏡に映し陶酔して眺めていたからよく憶えている。いまは、日曜日に田舎の無人駅で何時間も列車を待っているときに、思えば遠くに来たもんだ、とコップ酒を飲み、来し方と田舎駅とを重ねてセンチメンタルに陶酔する。陶酔というより切ない心境といったほうがいい。

 ペン森17期生は平均して21歳である。52年も差がある。かれらにくらべたら、ぼくには膨大な過去がある。なにしろ敗戦が小学1年生。過去が多い分、思い出にも底がない。5月までには遠くのぬる湯の温泉に浸かりたい。ぬる湯に入っていると「かあさんの歌」を自然に口ずさむ。なつかしい歌声喫茶に入りびたった学生時代。いきなり青春が戻ってきて涙ぐむ。そして青春真っ盛りの同行者としみじみと飲み、語り、あくびをする。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/430-435f4094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する