ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠る女話と甲子園決勝押し出し判定話
 *眠っても眠っても眠りたりない温泉マニア
 秋採用試験がはじまった25,26日、ぼくは10期生の温泉マニア某女と長野方面を旅をしてきた。レンタカーのフィットを利用。志賀高原から新潟路にはいり、栄村を抜けて秋山郷へ。この有名な秘境へ行くには細い山間部の曲がりくねった一本道しかない。ところどころすれ違い用のふくらみはあるが、すれ違うたびに神経がひりひりする。
 しかし彼女はどこふく風。助手席で寝入ったままカーブの際、振り子のように上体を左右に揺らせ、ぼくの左上腕部に頭をぶつけるも目覚めない。彼女はあらゆる乗り物に乗ったとたん、寝入るくせ、というか病気にかかっていて、症状が悪化するばかり。パブロフの犬みたいな反応を繰り返す。紀行文書きに行ってもそうらしいから、心配ではある。
 秋山郷の最深部から引き返す途中、温泉宿に変身した小学校の温泉にはいり、宿泊地の野沢温泉に着いて13あるという無料共同風呂のひとつへ。いやー熱いのなんの、湯船からあふれて流れ出た湯すら、足の裏が火傷するくらい猛烈。ぼくは蛇口の水と温泉とを桶に汲み、それを3回かぶっただけで外へ出た。
 だいたい、温泉街では温泉たまご以外に生たまごも売っている。温泉につかりながら生を半熟にしては、というのだから、ぬる湯専門のぼくはたまらん。日本酒15度をたしなむぼくはウオッカ60度の野沢温泉に悲鳴をあげたのだった。
 で、ぼくは部屋でシャワーを浴びたね。彼女は夕食のあと、7時には
掛け布団の上に寝っ転がり12時間後に起きあがって、朝市と共同風呂へ。9時発で飯山に向かうが、野沢を出てすぐ車中居眠りをはじめる。寝ても寝ても寝たりない。いつもながらたまげる。新幹線でももちろん眠りっぱなし。1泊2日で話をしたのは、つまり彼女が正気だったのは食事時間の計2時間くらいかしら。ロマンもなにもあったもんじゃない。「病気を治します」と彼女はいって、新幹線をおりた。ずっと起きていて読書などに使った老眼をぼくはなくした。
 
 *いまなお続く甲子園決勝押し出し四球話
 先週金曜日、9期生が集まって、甲子園決勝が話題になった。
「押し出しになったあの1球の判定はおかしかったね」「あれはボールだよ」「ストライクじゃなかったね」「佐賀北だからストライクだったんだよ」「ほら、特待生問題があったでしょ。地元中学出身者ばかりの県立だから佐賀北に有利に働いた」「広陵はツイてなかったねえ」「でもさ、佐賀北の逆転満塁はやはり筋書きのないドラマで、すごかったねえ」「そうだね、どんなにお膳立てをしても、あんなホームランは打てないだろうよ」
 ペン森の卒業生は新聞記者が圧倒的に多い。いまなお、佐賀北の奇跡に頭をかしげながらも盛り上がるが、さて世間はもうとっくに忘れて、安倍改造内閣はこりゃだめだとぼろくそにいっているのだろうか。安倍はまたまたコールド負けみたいなチームをつくったなあ、とか、さ。
 
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/41-ace6078c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。