ペン森通信
異性に関心のない絶食系
ペン森は童貞と処女が多い。実際には調べようがないから、これは自己申告による。早い女子は「私は15歳で初体験した」とみんなの前で言い放ったが、全体に性体験は高年齢化しているのでは、と思う。中央大学の山田昌弘教授が23日の毎日新聞にコラムを書いていて、国が継続的に行っている未婚者の状態を把握するための基礎資料(出生動向調査の結果)を読み解いて若者論を展開している。若者の無縁化を調査が裏付けた、と。

 この調査はすでに報道済みだが、われわれが目にしたのは「独身男性の6割、女性の5割に交際相手がいない」という結果だった。ところが山田教授によると、交際相手に異性の友人もふくんでいるから、独身者の半数以上は異性の友人さえいないことを示している。相手がいないから童貞率、処女率が高いのが近年の世間一般の傾向であって、ペン森だけの特異現象ではない。

 このあいだペン森で、30歳年の離れた男性と火のような恋をしたという経験済み女子が、童貞を強い口調でなじっていた。童貞が、彼女ができてもフ―ゾクに行くと言ったからである。「信じられない。そんなこと!不潔よ!」。そばにいたぼくまで怒られているような気がして、すねに傷をもたないでもない身としては首をすくめて嵐が止むのを待ったが、性の解放が進む一方で、純愛潔癖女性もいるもんだ、と感心した。

 男女交際が不活発だからこそ合コンがはやり、フ―ゾクが衰えない。山田教授によると「18~34歳の未婚男性の約75%、女性の約65%に恋人はいない。性体験率も頭打ちで中でも18~19歳の性体験率は5年前に比べて減少した(男性31・5%→26・0%、女性31・8%→28・1%)」。中高生男子の性への関心が低下しているという別の調査もあり、異性全体に関心がない絶食系男子という言葉も出てきたそうだ。

 彼女ができてもフ―ゾクに行くクチはさしずめ、外食系男子だが、くだんのペン森童貞は性への関心が高い。国語辞典を開いては膣とか女性器に興奮するという、昔の男子が経験したことをごく当たり前に実行している大学生である。草食系どころか内面は外食好きでたまたま、モテない勇気がないという哀しい男子なのだ。ただ、やんぬるかな女性の扱い方を知らないので、女子の前で彼女ができてもフ―ゾクに行くと言ってしまう。

 この童貞は金持ちの息子だが、恋人保有率の低さは、若者の無縁化に結びつくと山田教授は心配する。背景にあるのは若いひとの雇用状況の悪化だ。未婚者の就業状況は30~34歳では男子の正社員率は55・6%(92年84%、05年63%)にすぎない。20代前半男子の半数弱が未婚、うち正社員は半数強、9人に1人が無職だ。年収の低い男子ほど女性に対して消極的である、と山田教授は指摘している。結婚も絆も金次第だ。

 結婚できなくても彼氏や彼女がいなくても、いまの若者は幸福に暮らしているという社会学者もいるが、はたしてその幸福は持続可能か、と山田教授は疑問を呈する。ぼくも持続可能じゃないと思う。無職率はいま11・2%だが、92年は2・4%だった。女子は結婚相手の経済力や職業を重視する。結婚してからの貧乏に耐えられない。幸福はつづかないのである。悪くなる一方の若者環境に男子たるもの、黙っているのか!
(今年最後のブログ。どなたさまもよいお年を!)

 


 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/408-9580558e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する