ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災で儲けた申し訳
商売でもばくちでも、損したひとは、よくしゃべる。もうかったひとは、口をつぐんでいる。節電で大もうけをした外食チェーンがあるが、節電のおかげですとは言わないから一般には節電で儲けた話はあまり流布してない。店の入り口付近はまだ涼しいが、中へ入ると冷房は効いてない。この夏、こんな経験をしたひとも多かろう。電気料金はけっこう高いもので、ペン森も冷暖房の季節には電気代がかさむ。そのコスト減はうらやましい。

 ペン森はあまり節電をしなかったので電気料は、減りはしたが目立った減少ではなかった。明るかった地下街や駅構内も薄暗くなったが、最初こそ不気味に感じたものの、近ごろではそれが当たり前のようになった。慣れとは怖いものである。なんでも節電のためと言えば、だれも文句を言わないのでありがたい。節電の無抵抗な流れに、ぼくは節電意識も一種のファッショでは、と思ったりしている。

 でわが家も節電ファッショに便乗したというか、大勢にしたがってというか、冬に備えて石油ストーブを2台購入した。これが居間のある1階においてある。エアコンもあるうえガスストーブもまだ元気に待機している。床には電気カーペットが敷いてある。かみさんの異常な冷え症対策なのだが、地震停電を恐れるあまり石油ストーブ購入に至ったのである。灯油を入れるポンプは電池式で容量を満たすと自動停止するように進化していた。

 量販店にいくと石油ストーブは品薄状態か品切れである。これも節電特需だ。節電意識はもはや、それを意識するまでもなく家庭生活に自然に溶け込んで人々を支配するようになった。震災がなければ東京では石油ストーブの出番はなかったにちがいない。捨てるに捨てられず、物置から旧式の石油ストーブを出して使用して、この冬は節電事故や火災が発生する恐れだってある、とぼくはみている。

 それだけ電力に依存した生活をそれぞれに見直しているわけだ。それもこれもすべては3・11大震災がもたらした市民生活の変化である。節電だけではない。小さな変形ビルの2階にあるペン森でさえ、ヘルメットと梯子状の避難ロープを用意している。大地震の大地変動の恐怖とライフライン途絶への危惧が頭から離れないのである。被災地へ行かなくてもあれだけの大報道であった。しかし、早く忘れたいという心の動きも強い。

 ぼくは地震に怯えることにかけては普通ではない。テレビの緊急地震速報のピヨンピヨンという音は3・11の夜の余震でいやというほど聞かされトラウマとなった。体感的にいつも揺れているような状態はなくなったが、余震が断続的にある被災地のひとから体感的な揺れは消えたのだろうか。体が感じるということは生きているということである。震災で人生を損したひとがいる半面、ぼくら生きていて人生を儲けた組も大勢いる。

 石井光太『遺体』を読んで、ぼくは3・11時点をまた認識するようになった。近々、被災地へ出向いて追悼しなければ申し訳なくて年は越せない。それにしても運命はなんと不平等、不条理なのだろうか。毎日、酒を飲んで笑いさんざめき、大地震が来ても快適な生活ができるように備えることができる幸せと被災者、行方不明者、原発避難者との落差。二分されて、儲けたほうになる身としては、被災地で大損した運命に頭を垂れたい。
 (今週は月~水と多忙につき、更新が遅れました)。

 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/402-5ca678ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。