ペン森通信
下り坂を上手に下れば幸福
 きのうNHKは民主党の党首選びの模様を昼のニュース飛ばして最後までずっと中継していた。2位野田佳彦と1位海江田万里との一騎打ちとなった決選投票の開票途中、野田逆転の結果が発表される寸前、臨時ニュースで野田の当選を伝えた。壇上で数える票を望遠鏡で覗いて独自に確認していたにちがいない。数秒後には同じ画面で万人を前に結果が出るのだから、1秒を争っても意味のないばかばかしい自己満足の速報主義。

 とんでもない恥をかいたのは、きのう発売の週刊現代だった。野田は「早々に脱落した」と決めつけ、「政治生命をなくした野田佳彦」と見出しを立てて、記事を書いている。「今回の民主党代表選で、もっとも哀愁をさそったのは、野田佳彦財務大臣だった」。不人気は見るも無残で、支持はまったく広がらず、勝手に自滅した、と罵詈雑言を浴びせている。ひどい恣意的な人格攻撃。新聞はこんな記事は書かない。週刊誌は信用できないやね。

 代表候補者で恥をかいたのは海江田万里だった。小沢一郎が後ろで糸を引いているのがあまりにも見え見え。三党合意の見直しなんて、小沢の意を汲んでの発言だったろう。ぼくは海江田とはかれの独身当時から知り合いだが、かれは優しい男である。優しいから小沢の言いなりになるおそれがあった。そうなると参議院で野党は対決姿勢を強めて国会はまた暗礁に乗り上げ、法案は1本も成立しないで、海江田の号泣が見られたにちがいない。

 海江田が小沢の言いなりとすれば、野田は財務省の言いなり、という説がもっぱらだ。とすれば、野田政治は財務省主導ということになる。以前、経済部の大蔵担当記者から聞いた話だが「あいつら(大蔵官僚)は増税のことしか考えてない」。所得税、法人税、消費税と税金にはいろいろあるが、ぼくらに直接ひびくのは所得税と消費税だ。消費税はものを買わなきゃ払わずにすむが、ぼくは酒税も人一倍払っている。所得税増税はいやだね。

 野田は分厚い中間層の存在が日本の活力源だった、と力説する。ぼくは年収300万円すれすれの年金生活者で結婚式招待の多いご祝儀貧乏だが、自覚は中間層である。消費は酒と旅と本が大半だ。実体は貧乏でもその意識に乏しいのは、ペン森で若い男女に囲まれ好き勝手にストレス無縁な充実生活をしている、ローンの支払いが終わった一戸建てをもっている、自宅にいるときは10畳間の書斎ですごす時間が多い…。女子と旅もする。満足。

 マイホームもストックに入るかもしれないが、年寄りだから衣服、靴、家具はもはや買う必要はないし、電気製品も当面そろっている。必要なものがあるという暮らし向きはすなわち中間層だが、全体の経済活動には貢献しない。消極的中間層だ。野田は中間層をふくらませて日本に活力を取り戻したい、という政策を打ち出したいらしい。ぼくは消費の活発な積極的中間層よりも、消費に熱心でない消極的中間層が近年多くなったと思う。

 経済成長よもう一度、と語る向きがまだ少なくない。だが日本は上り坂を上り切って、いま下り坂を下っている。夢よもう一度なんて願っても、老人には青年時代は戻らない。贅沢でも貧窮でもないほどほどの中間生活ができればそれでいい。精神的に豊かな新たな中間層が生まれてくれば、日本は上手に下り坂を下っているといえるだろう。つじ立ち野田総理の祖父母は貧しかったというが、日本は高みを望まなくても十分豊かになった。
 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/376-471d2ed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する