ペン森通信
菅首相と朝日は好き合っている!?
 エネルギーをめぐる世の中の風向きは脱原子力発電である。その追い風に乗って、13日朝日新聞は「原発ゼロ社会」を大々的に提言した。折も折、日本の代表的な言論機関とタッグを組んだかのように菅首相も会見でエネルギー政策の転換を打ち出して「原発に依存しない社会を目指すべきだ」と明言し、脱原発の姿勢を明白にした。朝日にしても、首相にしても、反対する人は少ないとみられる。ぼくは遅きに失した感じさえ受ける。

 たぶん、朝日も首相も世論の動向を様子見していたのだ。国の基本的な政策の転換にしては、首相は熟議をふまえた形跡はなく、独断的なあるいは独裁的な印象を与える。よくいえば、事前の反発を警戒して唐突に発表したのだろう。事前の反発とは、国会議員、経済産業省の官僚、経済界、電力会社による圧力である。首相はもう一つ、退陣を表明しながらまた延命策をだして、生きながらえようとしているとの疑念がつきまとう。

 その疑心暗鬼か、巻き返しの波を受けてかわからないが、菅がれき内閣のスポークスマン枝野官房長官は14日「原発のない社会が望ましいというニュアンスだった。脱原発依存とまでは言ってないと理解している」と冷ややかだ。あのおっちゃんまた、思いつきでなにを言ってるんだ、と政府内では相手にしない向きも多いらしい。消費税率10%、TPPへの参加表明など打ち上げ花火をあげて、あとは知らんふりの前科があるからだ。

 首相の明言した内容には賛成だが、それを菅直人の口からはききたくなかった。これが大半の反応だろう。こうなると首相と二人三脚で脱原発を主張したように受け取られる朝日は内心、間が悪い。原発ゼロ社会への提言を一面とオピニオン欄に社説を見開きで載せたその日に、なぜあの首相が同じようなことを言うのだ、と。おかげで大朝日は菅直人が好きだと思う読者もでてくるだろう。ほんとは通じているかもしれんけどさ。

 最近は耳にしなくなったが日本が成長途上にあるとき、鉄は国家なり、という成句があった。製鉄所の溶鉱炉が燃えたぎって、建設用鋼材、自動車用鋼板を大量生産して日本経済をリードしていたころの話だ。それが、あれよあれよという間に、原発は国家なり、に転じた。原発の力によって、基幹産業が動いているからである。この小さい国に電力会社は北海道から沖縄まで10の地域に区分けされ、各地域の殿様企業である。

 独占だから当然、競争がない。コストが高くなれば、電気料金に上乗せすればすむ。原子力は自然エネルギーに比べて安くつくとさんざんテレビで解説されてきたが、事故を起こした福島第一原発の賠償などのコストは計算もできない。算数に弱いぼくだからということもあるが、事後の処理額はあまりにも莫大すぎるのだ。これほどリスクの高い原発は朝日や首相に同調して止めるほうが、次世代への責任をはたすことになる。

 首相が自然エネルギーを言いだした裏にはソフトバンク社長孫正義の存在がある。孫の呼びかけた「自然エネルギー協議会」には35道府県が参加した。孫は1980年アルバイト社員2人でコンピュータ卸売会社をスタートさせたが、10年後年商500億円にする、と言ったら社員2人はホラもいいとこ、こいつは駄目だと辞めてしまった。31年後の現在、売上は連結で3兆円超。自然エネルギーへの転換はホラじゃないかもよ。

 

 
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/365-f2b210b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する