ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男が終わって回顧と展望
 ペン森はきのう23日が「望年会」だった。今年を忘れる「忘年会」ではなく、来年に希望を託す望年会である。この望年会では各自、今年の回顧と来年への展望を述べる「回顧と展望」スピーチが強制される。そこで以下にぼくの「回顧と展望」を。

【回顧】
 旅をしなかったこと。JR長距離が3割引きになるジパング倶楽部の会員だが、6月に更新したのに使ったのはたったの2回だけ。自宅とペン森を往復するだけのほとんどひきこもり状態だった。四国、北海道行きの計画も実現せず。情けない。
 
 松本清張の『天保図録』を買いそびれたこと。これは『かげろう絵図』とならぶ清張の傑作らしい。幕末の妖怪、悪辣な鳥居耀蔵を主役にした権力闘争本らしい。最初は朝日文庫から出たが、講談社文庫にも収められているらしい。神保町の書店でも見つからなかった。見つからなければ、余計に読みたくなる。ぼくは同じ本を買ってじくじたる思いをする癖があるが、『天保図録』はまだ読んでないはず。
 
 金欠に苦しめられたこと。ペン森は2月、家賃もスペースも3分の1のいまの部屋に引っ越した。家賃を払えなくなったからである。ペン森から給料が出た時期もあったのだが、いつの間にかまた無給に逆戻りした。引っ越しに際し、ペン森OBを含む有志がペン森債を購入してくれて、ようやくしのぐことができた。私的にも年金生活の節約心が身についた。

 完全に男が終わったこと。これが最大の回顧だ。ぼくはその機能不備から「こんにゃく」としてペン森では知られるが、名誉なことではない。実際に試したわけではないが、どうあがいてもこんにゃく状態だから、間違いなく終了した。案外、まじめに生きてきたことをいまは後悔している。男が終了したら、それを補うようにエロ度が増した。すっかりエロじじいに変化した。


 【展望】
 16期生を志望先に内定させること。大半がゆとり教育世代の16期生だが、OBたちに比べるとちょっと根性がないし、気がきかないように見える。マスコミも超氷河期の就職難。15期生も内定率は芳しくなかったが、人間力に秀でた者が結局は志望先をゲットした。いかに人間力の秀でた若者に仕上げるか、ペン森も変容してきた。

 自らのPC力を強化すること。そろそろ受講生依存から脱して、HPを自分で作成できるようにしたい。ぼくのPCはメールとブログとニュースのためだけにある。活用不足。

 歩くこと。 足腰が弱くなる、というがぼくは、腰はまだ強い。脚力の衰えが激しい。足がこんなによたよたになるとは! 男は終わってもなに食わぬ顔で活力老人になろう。
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/304-2d23adbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。