ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生思い残しがないよう四国へ
 ペン森3期生の父親が亡くなった。きのう27日、葬儀に行ってきた。父親は葬儀場の予約を生前、自分でやっていたそうだ。勤めていた生命保険会社の同期生が弔辞を読んだ。心情にあふれた名弔辞にぼくはあやうく場違いの拍手をしそうになった。昭和41年入社ということだった。ぼくは37年入社だから、故人は4歳下になる。ほぼ同年代である。豪快な日本酒好きだったという。日本酒好きはぼくと同じ。ただぼくは、酒の上でエッチ方面の話をしがちでこの点、ひんしゅくを買っているところが異なる。

 故人は享年67。若すぎる。やり残したこともあったのではないか。『週刊文春』を買いこんで電車に乗った。いつものように旅紀行「今週のお泊まり」をまず読む。温泉宿などの宿泊体験コラムである。「しまなみ海道と瀬戸内海を見渡す 愛媛の料理宿『大潮荘』」が紹介してあった。「大潮荘」にぜひ行かねば。ぼくはこのところ、先延ばしをしないで限られた人生を愉しまねばと思いはじめている。しまなみ海道の「大潮荘」にいきなり胸をつかまれた。

 尾道と今治を結ぶしまなみ海道は、ぼくにとって未知の、橋でつながれた道だ。今年4月、孫娘をつれて広島に行ったとき、ペン森を卒業したての女子記者が愛媛の松山から母親の車でやってきて合流した。ぼくが山陽本線、東海道本線を各駅停車で乗り継いでいた学生時代、新幹線も瀬戸大橋もなかった。四国は山崩れの災害取材で訪れたことはあるが、行く機会のない遠隔地の印象のまま、今日に至っていた。松山の女子がしまなみ海道を通って広島にきて以来、しまなみ海道がしきり気にはなっていたのだ。

 「大潮荘」は今治の、しまなみ海道の付け根にあたる丘の上にあって、その丘は瀬戸内海に突き出すように出ているらしい。絶景が約束された宿である。ぼくは一種の海フェチときているから、瀬戸内海を見やりながら酒を飲みたいという願望がつのった。かなうことなら、お気に入りの松山女子とここで飲みたいものだ。来年春、孫娘との旅のコースに入れる手もある。孫は未成年で飲めないのが難点だ。でも、しまなみ「大潮荘」は年内、6,7,8,9月のあいだに行かねば、と葬儀中に考えていた。

 尾道からしまなみ海道に入るとすれば、尾道に赴任している10期男子記者の車に同乗という流れになる。かれはぼくの中大ゼミの教え子でもある。無理をしてでも四国めぐりまで付き合ってくれるだろう。松山は日本最初の捕虜収容所が開設されたところで、日清戦争、日露戦争の捕虜が収容されていた。日露戦争ではロシア兵6000人が温泉入浴OKなどの厚遇を受けたが、98人が松山で亡くなった。来迎寺に墓地がある。墓石はすべて北の方向、ロシアを向いている。第二次大戦で英国人捕虜にゴボウを出したら、木の根を食べさせた、虐待だと猛抗議された、という収容所も四国だったような。人生思い残しがないよう、作文の四国ネタ仕込みもしっかりやって、ペン森生を刺激したい。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/240-38443596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。