ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくの間、さようなら
 TBSラジオをほぼ終日つけている。永六輔さん77歳の言葉に昔日の雰囲気がなく、なにをもごもご言っているのかわからないのが痛々しい。それに比べ、小島慶子アナ37歳は歯切れよく豪快な笑いでいつも元気がいい。相方の男性とのトーク番組が午後、『荒川強啓のデイキャッチ』に引き継ぐまでつづく。この番組が終了するまで、ぼくはラジオをつけっぱなしにしておくことにしている。ニュースなど必要な情報はこれで全部入手できるからラジオの便利さに改めて驚いている。

 26日の小島アナの番組中、視聴者からのはがきにこんなのがあった。「だんだん日が長くなるこの季節になると、『こんにちは』と『こんばんは』の区別をどこでつけたらいいか迷います。6時にわたしが『こんにちは』と挨拶すると相手は『こんばんは』とかえしてきました。どこがけじめになるのでしょうか」。なるほどね、人生には考えもしないことで悩んでいるひとがいるもんだ。

 ぼくが在籍していた毎日新聞では朝、「おはようございます」ということがなかった。ぼくは遊軍席にたむろしていることが多かったが、みんなぬっと来て無言で席に座るのが普通だった。帰るときも「お先に」ということもなかったように記憶する。新人の女性記者が「お先に失礼します」といったら、聞き慣れない挨拶だったものだったから、周りがど
っと湧いたものだ。女性記者はきょとんとしていた。

 新聞社で「おはよう」も「さようなら」という区切りの挨拶がなかったのは、24時間途切れなくニュースは発生するから、それに対応するためだったという。要するに24時間態勢で備えておけ、という意味だったようだ。いまはどうなっているのか知らない。常識的に考えれば、朝晩の挨拶があるのが当然だろう。挨拶なしは新聞社の特別意識みたいであまり感じはよくない。

 最近は夜にもかかわらず「おはようございます」という若者にお目にかかることも珍しくない。これは放送業界の用語である。学生が気取って夜間に「おはようございます」と部屋に入ってくると、虫酸がはしる。放送業界が嫌いというのではなく、そういう軽薄な若者にある種、危険な要素をおぼえるからだ。流されやすいということは、抵抗力がないということだ。みんなが一定の方向に向かうとき、大勢に従う主体性のないタイプである。

 GW期間中、ペン森は世間なみに休みに入る。年末年始と2回しかない貴重な休日である。このブログもしばらくは休載とならざるをえない。再開するまで、さようなら。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/231-51393f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。